JavaEE仕様
0 2

JavaEE6

下記のリンクをご参考ください。

http://codezine.jp/article/detail/5698

JavaEE5

JavaEE5は以下の仕様から構成されます。

  • Web Services Technologies
  • Implementing Enterprise Web Services (JSR 109)
  • Java API for XML-Based Web Services (JAX-WS) 2.0 (JSR 224)
  • Java API for XML-Based RPC (JAX-RPC) 1.1 (JSR 101)
  • Java Architecture for XML Binding (JAXB) 2.0 (JSR 222)
  • SOAP with Attachments API for Java (SAAJ) (JSR 67)
  • Streaming API for XML (JSR 173)
  • Web Service Metadata for the Java Platform (JSR 181)
  • Web Application Technologies
  • Java Servlet 2.5 (JSR 154)
  • JavaServer Faces 1.2 (JSR 252)
  • JavaServer Pages 2.1 (JSR 245)
  • JavaServer Pages Standard Tag Library (JSR 52)
  • Enterprise Application Technologies
  • Enterprise JavaBeans 3.0 (JSR 220)
  • J2EE Connector Architecture 1.5 (JSR 112)
  • Common Annotations for the Java Platform (JSR 250)
  • Java Message Service API (JSR 914)
  • Java Persistence API (JSR 220)
  • Java Transaction API (JTA) (JSR 907)
  • JavaBeans Activation Framework (JAF) 1.1 (JSR 925)
  • JavaMail (JSR 919)
  • Management and Security Technologies
  • J2EE Application Deployment (JSR 88)
  • J2EE Management (JSR 77)
  • Java Authorization Contract for Containers (JSR 115)

J2EE 1.4

J2EE 1.4は以下の仕様から構成されます。

  • J2EE Connector Specification 1.5
  • J2EE Deployment API Specification 1.1
  • J2EE Management Specification 1.0
  • Enterprise JavaBeans Specification 2.1
  • Enterprise JavaBeans to CORBA Mapping 1.1
  • Java API for XML Processing Specification 1.2
  • Java API for XML Registries Specification 1.0
  • Java API for XML-based RPC Specification 1.1
  • Java Authorization Contract for Containers 1.0
  • Java IDL API
  • Java Naming and Directory Interface Specification 1.2.1
  • Java Message Service Specification 1.1
  • Java Servlet Specification 2.4
  • Java Transaction API Specification 1.0.1B
  • Java Transaction Service Specification 1.0
  • JDBC Specifications, 3.0, 2.1, and Optional Package API (2.0)
  • JavaBeans Activation Framework Specification 1.0.2
  • JavaMail API Specification 1.3
  • JavaServer Pages Specification 2.0
  • RMI over IIOP
  • SOAP with Attachments API for Java Specification 1.2

J2EE 1.3

J2EE 1.3は以下の仕様から構成されます。

  • JDBC Extension 2.0
  • Java Naming and Directory Interface Specification (JNDI) 1.2
  • Java API for XML Processing (JAXP) 1.1
  • Java Servlet 2.3
  • JavaServer Pages (JSP) 1.2
  • JavaServer Pages Standard Tag Library (JSTL) 1.0
  • Enterprise JavaBeans (EJB) 2.0
  • J2EE Connector Architecture 1.0
  • Java Message Service API (JMS) 1.0
  • Java Transaction API (JTA) 1.0
  • JavaMail API 1.2
  • JavaBeans Activation Framework (JAF) 1.0
  • Java Authentication and Authorization Service (JAAS) 1.0

 

0 2
みんなのツイート (0)

関連サマリー


  • J2EE 0 Votes 16 閲覧数


    このトピックでは、JavaEEの概要を取り上げて説明します。

    JavaEEとは

    Java EEとは、Java言語の機能セットの一つで、サーバや企業の情報システム、大規模システムなど向けの機能をまとめたもの。J2EEはバージョン5.0までの旧称で、以降はJava EEと呼ばれる。

    JavaSEJavaMEJavaEE

    Java EEにはJava SEの機能がすべて含まれるほか、サーバなどで利用されるEJB(Enterprise JavaBeans)やサーブレット(Java Servlet)、JSP(Java Server Pages)、JSF(Java Server Faces)、JNDI(Java Naming and Directory Interface)、JTA(Java Transaction API)など数多くの機能が規定されている。

    JavaEEの歴史

    JavaEEが初めて登場したのは1999年のことです。当時は「Java 2 Platform, Enterprise Edition(J2EE)」と呼ばれており、最初のバージョンは1.2でした。

    JavaEEの最新バージョンは、2013年6月にリリースされたJava EE 7です。また現在、世界中の企業システムで広く利用されているのは、2009年12月にリリースされたJavaEE6です。

    主な製品

    JavaEE仕様を準拠したサーバ製品はおもに以下のようなものがあります。

    No.製品最新バージョン(2015)ベンダー1Tomcat-オープンソース2Jetty-オープンソース3Weblogic-Oracle4JBoss-オープンソース5Websphere-IBMJavaEEアプリケーション

    JavaEEアプリケーションは,複数の,EJB-JAR,Webアプリケーション,ライブラリJARと,一つのDD(application.xml)で構成されます。
    JavaEEサーバで実行できるJavaEEアプリケーションは,アーカイブ形式のJavaEEアプリケーション,および展開ディレクトリ形式のJavaEEアプリケーションです。

    EJB-JAR
    EJB-JARは,EJB-JARファイル形式でパッケージ化されています。複数のEnterprise Beanと一つのDD(ejb-jar.xml)で構成されます。なお,Enterprise Beanでアノテーションを使用している場合は,DD(ejb-jar.xml)は不要です。Webアプリケーション
    Webアプリケーションは,WARファイル形式でパッケージ化されています。複数のサーブレット,JSP,HTMLと一つのDD(web.xml)で構成されます。ライブラリJAR
    ライブラリJARは,JARファイル形式でパッケージ化されたものです。複数の共通ライブラリから構成されています。共通ライブラリはJ2EEアプリケーション中のJ2EEコンポーネントが共通で使用できるライブラリです。JavaEEアプリケーションのDD(application.xml)の<module>タグ以下に定義されているファイル以外で,拡張子が小文字(.jar)のJARファイルがライブラリJARとみなされます。