JavaEEの概要
0 15

このトピックでは、JavaEEの概要を取り上げて説明します。

Java EEとは、Java言語の機能セットの一つで、サーバや企業の情報システム、大規模システムなど向けの機能をまとめたもの。J2EEはバージョン5.0までの旧称で、以降はJava EEと呼ばれる。

  • JavaSE
  • JavaME
  • JavaEE

Java EEにはJava SEの機能がすべて含まれるほか、サーバなどで利用されるEJB(Enterprise JavaBeans)やサーブレット(Java Servlet)、JSP(Java Server Pages)、JSF(Java Server Faces)、JNDI(Java Naming and Directory Interface)、JTA(Java Transaction API)など数多くの機能が規定されている。

JavaEEが初めて登場したのは1999年のことです。当時は「Java 2 Platform, Enterprise Edition(J2EE)」と呼ばれており、最初のバージョンは1.2でした。

JavaEEの最新バージョンは、2013年6月にリリースされたJava EE 7です。また現在、世界中の企業システムで広く利用されているのは、2009年12月にリリースされたJavaEE6です。

JavaEE仕様を準拠したサーバ製品はおもに以下のようなものがあります。

No.製品最新バージョン(2015)ベンダー
1Tomcat-オープンソース
2Jetty-オープンソース
3Weblogic-Oracle
4JBoss-オープンソース
5Websphere-IBM

JavaEEアプリケーションは,複数の,EJB-JAR,Webアプリケーション,ライブラリJARと,一つのDD(application.xml)で構成されます。
JavaEEサーバで実行できるJavaEEアプリケーションは,アーカイブ形式のJavaEEアプリケーション,および展開ディレクトリ形式のJavaEEアプリケーションです。

  • EJB-JAR
    EJB-JARは,EJB-JARファイル形式でパッケージ化されています。複数のEnterprise Beanと一つのDD(ejb-jar.xml)で構成されます。なお,Enterprise Beanでアノテーションを使用している場合は,DD(ejb-jar.xml)は不要です。
  • Webアプリケーション
    Webアプリケーションは,WARファイル形式でパッケージ化されています。複数のサーブレット,JSP,HTMLと一つのDD(web.xml)で構成されます。
  • ライブラリJAR
    ライブラリJARは,JARファイル形式でパッケージ化されたものです。複数の共通ライブラリから構成されています。共通ライブラリはJ2EEアプリケーション中のJ2EEコンポーネントが共通で使用できるライブラリです。JavaEEアプリケーションのDD(application.xml)の<module>タグ以下に定義されているファイル以外で,拡張子が小文字(.jar)のJARファイルがライブラリJARとみなされます。
0 15
みんなのツイート (0)

関連サマリー


  • J2EE 0 Votes 2 閲覧数


    JavaEE6

    下記のリンクをご参考ください。

    http://codezine.jp/article/detail/5698

    JavaEE5

    JavaEE5は以下の仕様から構成されます。

    Web Services TechnologiesImplementing Enterprise Web Services (JSR 109)Java API for XML-Based Web Services (JAX-WS) 2.0 (JSR 224)Java API for XML-Based RPC (JAX-RPC) 1.1 (JSR 101)Java Architecture for XML Binding (JAXB) 2.0 (JSR 222)SOAP with Attachments API for Java (SAAJ) (JSR 67)Streaming API for XML (JSR 173)Web Service Metadata for the Java Platform (JSR 181)Web Application TechnologiesJava Servlet 2.5 (JSR 154)JavaServer Faces 1.2 (JSR 252)JavaServer Pages 2.1 (JSR 245)JavaServer Pages Standard Tag Library (JSR 52)Enterprise Application TechnologiesEnterprise JavaBeans 3.0 (JSR 220)J2EE Connector Architecture 1.5 (JSR 112)Common Annotations for the Java Platform (JSR 250)Java Message Service API (JSR 914)Java Persistence API (JSR 220)Java Transaction API (JTA) (JSR 907)JavaBeans Activation Framework (JAF) 1.1 (JSR 925)JavaMail (JSR 919)Management and Security TechnologiesJ2EE Application Deployment (JSR 88)J2EE Management (JSR 77)Java Authorization Contract for Containers (JSR 115)J2EE 1.4

    J2EE 1.4は以下の仕様から構成されます。

    J2EE Connector Specification 1.5J2EE Deployment API Specification 1.1J2EE Management Specification 1.0Enterprise JavaBeans Specification 2.1Enterprise JavaBeans to CORBA Mapping 1.1Java API for XML Processing Specification 1.2Java API for XML Registries Specification 1.0Java API for XML-based RPC Specification 1.1Java Authorization Contract for Containers 1.0Java IDL APIJava Naming and Directory Interface Specification 1.2.1Java Message Service Specification 1.1Java Servlet Specification 2.4Java Transaction API Specification 1.0.1BJava Transaction Service Specification 1.0JDBC Specifications, 3.0, 2.1, and Optional Package API (2.0)JavaBeans Activation Framework Specification 1.0.2JavaMail API Specification 1.3JavaServer Pages Specification 2.0RMI over IIOPSOAP with Attachments API for Java Specification 1.2J2EE 1.3

    J2EE 1.3は以下の仕様から構成されます。

    JDBC Extension 2.0Java Naming and Directory Interface Specification (JNDI) 1.2Java API for XML Processing (JAXP) 1.1Java Servlet 2.3JavaServer Pages (JSP) 1.2JavaServer Pages Standard Tag Library (JSTL) 1.0Enterprise JavaBeans (EJB) 2.0J2EE Connector Architecture 1.0Java Message Service API (JMS) 1.0Java Transaction API (JTA) 1.0JavaMail API 1.2JavaBeans Activation Framework (JAF) 1.0Java Authentication and Authorization Service (JAAS) 1.0