• 0 Votes 30 閲覧数


    このトピックでは、Eclipseの概要を取り上げて説明します。

    画面構成画面イメージ

    ワークベンチ

    Eclipseを起動すると、1つの作業台が起動します。この作業台のことを「ワークベンチ」と呼びます。
    ワークベンチは、次に説明するパースペクティブやエディター、ビューの土台となっている部分のことで、ワークベンチそのものが画面上に表示されることはありません。

    パースペクティブ

    パースペクティブは視角、視野といういみをもっています。
    ワークベンチには、たくさんの機能があります。しかし、ある1つの作業をする際には、その一部の機能しか使いません。そのため、Eclipseでは必要な機能だけを選んで画面上に表示するようにしています。
    どの機能を表示するかを選んだもの、さらに選んだ機能をどのように配置するかを決めたものを、「パースペクティブ」と呼びます。

    Eclipseを起動すると、1つのパースペクティブが選択されて画面に表示されます。

    エディタ

    パースペクティブは、エディターとビューで構成されています。
    エディターは、プログラムなどのデータの作成、編集、保存を行う機能です。

    ビュー

    ビューは、さまざまな情報を表示し、かつそれらに対して操作を行うことのできるウィンドウです。


  • 0 Votes 8 閲覧数



    Eclipse基盤が提供した機能はとくに説明しません。

    概述

    NWDSの機能はパースペクティブによって取りまとめられています。

    Window→Open Perspective→Othersでどんなパースペクティブがあるかを確認できます。

    Composite Application

    Composite Designer

    Desgin Time Repository

    Development Infrastructure

    Dictionary

    Enterprise Portal

    Process Development

    Process Modeling

    SAP Management

    Virtual Composer

    WebDynpro

    Deployment


  • 0 Votes 23 閲覧数


    NWDSからAs Javaへアプリケーションをデプロイしたりデバッグすることがあれば、AsJavaの情報を事前に設定する必要があります。

     


  • 0 Votes 6 閲覧数


    接続先のABAPサーバの設定です。


  • 0 Votes 48 閲覧数


    このトピックでは、開発設定の導入手順を取り上げて説明します。