鍵盤楽器
0 36

鍵盤楽器とは

鍵盤楽器とは、演奏するために鍵盤を使う楽器を総称して言います。

身近な楽器の一つで、多くの種類があります。
長い歴史のある楽器から、近年になって新しく生まれた楽器もあります。
鍵盤を持っていることが共通する特徴です。

ピアノ

<発音方式で分類>

  • アコースティックピアノ
  • 電気ピアノ
  • 電子ピアノ

<型で分類>

  • グランドピアノ
  • アップライトピアノ

グラントピアノ
グランドピアノ(写真ACより)

 

アコースティックピアノ

弦(ピアノ線)を鍵盤を通してハンマーを叩くことで発音させます。
弾き方によって強い音、弱い音、柔らかい音が自在に演奏できます。
グランドピアノは弦が水平に張られており、もっとも理想的な音が奏でられます。
アップライトピアノは、弦が縦に張られており狭いスペースでも置くことができます。

電気ピアノ(エレクトリックピアノ)

弦をハンマーで叩いて発音させるのはアコースティックピアノと同じですが、
音をピックアップで拾ってアンプで電気的に増幅させてスピーカーから音を出します。 

電子ピアノ

打弦によって物理的に発音させるのではなく、電子的に音を作り出すものです。
鍵盤はスイッチの役割をしています。
発音方式には多くの種類があり、ピアノの音色に特化したシンセサイザーとも言えます。
型もいろいろあり、グランドピアノ型の高級機種もあります。

 

ハープシコード(チェンバロ)

形はピアノに似ていてピアノよりも古く、14世紀からある楽器です。
発音方法は撥弦方式で、鍵盤を弾くことで弦を弾く仕組みです。
打鍵の強弱による音量の強弱の表現はできません。
黒鍵と白鍵がピアノとは逆になっているものが多いのも特徴です。

チェンバロ

 

クラヴィコード

鍵盤を弾くことによって弦を下から突き上げる打弦方式で発音させます。
打鍵の強弱による音量の強弱が可能です。
クラヴィコードの仕組みにピックアップをつけてスピーカーから音を出すものをクラビネットといいます。

 

オルガン

<発音方式による分類>

  • 管楽器式
    パイプオルガン
  • リード楽器式
    リードオルガン
    アコーディオン
    鍵盤ハーモニカ
パイプオルガン

パイプオルガン(写真ACより)

パイプオルガン

多くのパイプを使い、空気を送り込むことによって発音させる気鳴式の鍵盤楽器です。
管楽器と同じ仕組みです。
教会や大ホールなどにある大規模なものは、パイプの数は数千本〜3万本以上のものもあります。
楽器ではありますが、建造物といってもよいです。
パイプオルガン形の電子オルガンもあります。

ノートルダム大聖堂のパイプオルガン

リードオルガン

リードを振動させることで発音させるオルガンです。
ハーモニカと同じ発音の仕組みです。
昔の小学校にあった足踏みオルガンは、足でペダルを踏むことでリードに空気を送ります。

アコーディオン

リードの振動により発音させる楽器でリードオルガンと仕組みは同じです。
空気を送り込むのに蛇腹を使い、体の前面に装着して演奏するのが特徴です。

アコーディオン

鍵盤ハーモニカ

パイプを使い口で空気を送り込むことによってリードを振動させて発音します。
学校教育でよく使われていますが、演奏活動をしているプロのプレイヤーもいます。

 

電子式の鍵盤楽器

これまでに紹介した楽器は弦やリードを物理的に動かして発音するものですが、現在では電子的に音を合成した鍵盤楽器も多用されています。
小型化、軽量化されているものもあり、持ち運びや価格の点でももっとも身近な鍵盤楽器となっています。

シンセサイザー

電子的に音を合成して作り出す楽器です。
音を合成する仕組みには非常に多くのものがあり、大きく分けてアナログ音源とデジタル音源があります。

音色はプレイヤーが自由に作ることができ本体や外部メモリーに記憶できるものが多いです。
技術の進歩とともに小型の筐体に多くの機能が搭載されるようになり、比較的廉価な製品でも数百種類の音色を内蔵しているものもあります。

複数のパートを同時に演奏できるオールインワンタイプもあります。
なお、シンセサイザーには鍵盤がなく外部からコントロールする音源だけのものがあります。
また鍵盤楽器がた以外にも管楽器型、弦楽器型、打楽器型のものなど様々な種類があります。

電子オルガン

両手で弾く2段以上の鍵盤と1オクターブから2オクターブの足鍵盤で構成されるオルガンです。
発音の方式はシンセサイザーと同じで、さまざまな種類があります。
多くのものはプログラム機能を持っており、一つの楽器で打楽器も含めたオーケストラやバンドのような演奏が可能です。
オールインワン・キーボードといえます。

 

 

0 36
みんなのツイート (0)

関連サマリー


  • 音楽 H 0 Votes 52 閲覧数


    キーボードのためのフィンガートレーニング、短調の各調のスケールとカデンツを紹介します。

    短調にはそれぞれの調に3種類のスケールがあります。

    和声的短音階(ハーモニック・マイナー・スケール)自然的短音階(ナチュラル・マイナー・スケール)旋律的短音階(メロディック・マイナー・スケール)

    ここでは、基本として和声的短音階(ハーモニック・マイナー・スケール)の練習をしましょう。
    自然的短音階と旋律的短音階は別のサマリーで紹介します。

    練習の仕方は長調と同じです。
    指番号は参考にしてください。

    短調のスケール・カデンツー和声的短音階(ハーモニック・マイナー・スケール)イ短調(A minor)

    ホ短調(E minor)
    ロ短調(B minor)
    嬰へ短調(F# minor)
    嬰ハ短調(C# minor)
    嬰ト短調(G# minor)=A♭ minor
    嬰ニ短調(D# minor)=E♭ minor
    嬰イ短調(A# minor)=B♭ minor
    ニ短調(D minor)
    ト短調(G minor)
    ハ短調(C minor)
    へ短調(F minor)
    変ロ短調(B♭ minor)=A# minor
    変ホ短調(E♭ minor)=D# minor
    変イ短調(A♭ minor)=G# minor

    ※嬰ト短調と変イ短調、嬰ニ短調と変ホ短調、嬰イ短調と変ロ短調は異名同音音階(エンハーモニック)です。


  • 音楽 H 0 Votes 65 閲覧数


    スケールとカデンツを練習しよう

    キーボード初心者のための基礎的なフィンガートレーニングとして、全調のスケールとカデンツを紹介します。

    独学でキーボードを練習している初心者の方も、早く好きな曲を弾けるようになりたい、もう少し上手になってバンドやアンサンブルを楽しみたいと思います。
    ひたすら好きな曲の譜面に向かって練習をしても、基礎的な指のトレーニングができていないと、なかなか思うように上達はしません。

    キーボードを弾くためのもっとも基礎的なフィンガートレーニングはスケールとカデンツを何度も練習して指で覚えることです。
    とても地道な練習ですが、日々トレーニングを重ねることで、やがて成果があらわれ、いろいろな曲を弾くのに役立ちます。

    このサマリーでは、まず長調(メジャー・スケール)のスケールとカデンツを掲載します。
    #や♭がたくさんの調(キー)は難しいので、まず簡単な調からひとつづつ攻略していってください。

    スケール:音階のこと。カデンツ:終止形 いろいろな終止形がありますが、ここでは代表的な「Ⅰ-Ⅳ-C/Ⅴ-Ⅴ7-C」を採用しました。練習の仕方

    練習のやり方は、それぞれのレベルに合わせて選んでください。

    スケール1オクターブの繰り返し練習スケール2オクターブの繰り返し練習カデンツの練習スケールとカデンツを組み合わせた練習メトロノームやリズムマシン、キーボードの自動演奏機能などを駆使してテンポキープの練習リズムを変える、左右を3度(6度)ずらす、オクターブ上、下で弾く、etc.

    指番号を振っておきましたので、こちらも参考にしてください。

    <指番号>

    左手                        右手

         5     4    3       2     1           1        2      3     4    5
       小指  薬指 中指 人差指 親指          親指 人差指 中指 薬指 小指

    スケール・カデンツ(長調)ハ長調(C Major)
    ト長調(G Major)
    ニ長調(D Major)
    イ長調(A Major)
    ホ長調(E Major)
    ロ長調(B Major)
    嬰ヘ長調(F# Major)
    嬰ハ長調(C# Major)
    へ長調(F Major)
    変ロ長調(B♭ Major)
    変ホ長調(E♭ Major)
    変イ長調(A♭ Major)
    変ニ長調(D♭ Major)
    変ト長調(G♭ Major)

    *変ト長調と嬰ヘ長調、変ニ長調と嬰ハ長調は異名同音音階(エンハーモニック)です。


  • 音楽 H 0 Votes 12 閲覧数


    音楽を聴いて楽しむためにも、楽器を演奏して楽しむためにもヘッドフォンやイヤフォンを使う機会は多いと思います。
    スピーカーから音を出して思いっきり音楽を聴いたり、大きな音でギターを弾いたりも良いですが、日常生活ではやはりヘッドフォンで聴くことの方が多いのではないでしょうか?
    ヘッドフォンには色々なタイプがあり、価格も100円ショップで買えるものから数万円、数十万円以上もするものまでピンキリです。

    ハイレベルな機器を揃えて音楽を鑑賞するためには、ハイスペックな高級ヘッドフォンが必要かもしれません。
    しかし、日常生活のちょっとした時間で音楽を聴いたり、また一人で楽器の練習をするときなどは、高級機種を使用している人は少ないでしょう。

    難しいことは抜きにして、気軽な音楽鑑賞や楽器演奏、またDTMなどで音楽制作をしたりするためのスタンダードタイプのヘッドフォンの選び方を考えてみたいと思います。
    ここでは、ヘッドフォンをタイプ別に見て、その特徴からどんな用途にふさわしいかを紹介いたします。

    開放型(オープンエアー)× 密閉型(クローズド)開放型音が外に漏れてしまうタイプです。

    外からの音も聞くことができます。
    音がこもらないので高音をしっかりと聞くことができます。

    密閉型音が外に漏れない、遮音性に優れているのが最大の特徴です。
    外からの音も遮断されます。

    低音がよく効くのが特徴ですが、音がこもった感じになります。

    低音を強調して聴きたい場合には密閉型を、高音をしっかりと捉えたければ開放型を選びます。
    音が漏れては困る環境で使うのか、漏れても構わないのか、外の音を遮断しても良いのか、いけないのか等、場所によって選択することも大切です。
    また、両者の良いところを取り入れたセミオープン型もあります。

    有線 × 無線

    有線か無線かというのも大事なポイントです。

    有線型ヘッドフォンにケーブルが付いていて音源となる機器と繋げて使います。
    ヘッドフォン端子が付いていないプレイヤーはほとんどないので、多くの機器で使うことができます。
    また、直接音源とケーブルで繋ぐので音質を劣化させずに効くことができるのは大きなメリットです。

    楽器の練習に使う時には、ケーブルが短すぎると体を動かすことができなかったり、ヘッドフォンジャックの場所によっては届かなかったりということもあるので、ケーブルの長さは確認する必要があります。
    気に入ったヘッドフォンのケーブルが短い場合には延長ケーブルを使います。

    無線型現在市販されている無線型はほとんどブルートゥース通信を使ったものです。
    したがって、ブルートゥース対応の音源にしか使うことができません。
    音源から離れたところで使うところができ、また自由に動きながら聴くことができるのが最大のメリットです。

    欠点は、外部からの影響を受けてしまうので音質が劣化する可能性があることと、充電が必要なことです。

    オーバーイヤー × オンイヤー × インイヤーオーバーイヤー耳全体に覆い被せる形のものです。
    凹んだところにちょうど耳が入るようになっているので、長時間使用しても耳が痛くなったりしません。
    どうしてもサイズが大きくなってしまうので、持ち運びにはあまり向きません。オンイヤー耳に乗せるような形で装着するタイプのものです。
    軽くてコンパクトなものが多く、折りたたみ式のものもあり携帯するのには便利です。

    耳を両側から挟むような格好になるので圧迫感が気になったり、長時間使用すると耳が痛くなることがあります。

    インイヤー(イヤフォン)カナル型耳栓のように耳の穴に入れて使います。
    遮音性に優れており、低音が効きます。
    慣れないと圧迫感が気になるかもしれません。インナーイヤー型耳の穴には入れずに引っ掛けるようにして装着します。
    音抜けが良いのが特徴ですが、音が外に漏れやすいので場所を選んで使う必要があります。まとめ

    音質や装着感は個人の好みがあるので、購入する時には実際に装着してみることと、音を聞き比べてみるのが良いです。
    ほとんどの店では、サンプルが置いてあり自由に試せるようになっているので、いつも聞いている曲で聞き比べてみましょう。

    また、ヘッドフォンそのもののタイプの他に、有線ならケーブルの形や太さ、プラグの種類などもチェックしましょう。

    音楽観賞用には好きなジャンル、好みの音質を選べば良いです。
    楽器練習や音楽制作には、なるべく音質に偏りがなくクセのないものがお勧めです。


  • 音楽 H 0 Votes 372 閲覧数


    ポピュラー音楽系の譜面では「C」「F」「G7」などの文字が振られているのをよく見ます。
    これはコードネーム(以下コード)というもので、メロディに対してどのようなハーモニー(和音)が付いているのか、あるいは作者が付けてほしいハーモニーを表す記号です。

    コードとは

    コードは1文字またはそれに付随する文字や数字を使って簡単に和音の構成音を表すことができる、大変便利なものです。
    メロディーとコードだけが記されて入れば、それだけで伴奏をしたり、アンサンブルをしたりすることができます。

    雑誌の付録や楽譜サイトなどには、歌詞にコードが振ってラウだけの簡単な楽譜もあります。
    曲のメロディーを知って入れば、それだけでピアノやギターで伴奏をすることが可能です。

    簡単ではありますが、実は奥が深いのがコードです。
    時には見たこともないような、複雑なコードに遭遇することもあります。
    しかし、記されている文字の意味がわかり、仕組みがわかれば、どんなコードでも何の音を弾けば良いのかわかるという大変便利なものです。

    たくさんのコードがありますが、このトピックでは最も基本的なコード、主要三和音(スリーコード)について解説します。
    主要三和音(スリーコード)を押さえておくだけで弾ける曲はたくさんあり、また作曲することも可能です。

    音名

    コードを理解する上で基本である音名について確認しておきます。

    *この図のアラビア数字は音階上の度数を表しています。
     Ⅰ(1度)Ⅱ(2度)…

    コードを構成する音根音(ルート)を基準にして和音は作られます。
    コードネームを表すアルファベットは基準となる根音を表しています。

    下から、根音、第3音、第5音、第7音が重ねられます。

    例)コード「C7」を構成する音
    基本的なコードは、このような音で構成されています。

    なお、
    3つの音で構成される和音を三和音
    4つの音で構成される和音を四和音 といいます。

    主要三和音(スリーコード)

    ひとつの楽曲の譜面を見渡してみると、非常に頻繁に出てくるコードが3つあります。
    この3つのコードが主要三和音(スリーコード)です。

    主要三和音(スリーコード)の種類と機能Tonic (T.) トニック
         主和音。Ⅰ度の音の上に構成される三和音。調(Key)を決定する最も重要な和音。曲の最後はトニックが多い。Subdominant (S.) サブドミナント
         下属和音。Ⅳ度の音の上に構成される三和音。トニックにもドミナントにも進行することができる。Dominant (D.) ドミナント
         属和音。Ⅴ度の音の上に構成される三和音。トニックへの進行指向が強い。
         第7音を加えたⅤ7(属7)の四和音で使われることが多い。

    例1)C major (ハ長調)

    例2)A minor (イ短調)

    それぞれのコードはルートを最低音として構成されますが、実際の演奏では転回形を駆使して自然につなげていきます。

    <演奏例>

    V7は四和音ですが、実際には4つの音全てを弾くこともありますが、第5音を省略することが多いです。

    各調の主要三和音 基本形・転回形一覧

       左から 基本形 第一転回形 第二転回形

    コードの中には「GonB」「Am/E」という形のものがあります。
    「on」や「/」の後の文字は、ベース音で弾く音を指定したものです。
    詳しくは別のトピックで解説したいと思います。


  • 音楽 H 0 Votes 10 閲覧数


    楽器店や家電量販店にはたくさんの種類のキーボードが並んでいます。
    小さい頃に少しだけ音楽教室に通った経験があったり、特に経験はないけれども新しい楽しみとして買ってみようか、などと思っている方もいらっしゃるでしょう。

    店頭に並んでいるものは様々で、安価で見た目もおもちゃに近いようなものから、プロが制作やライブで使うようなハイエンドのものまでがあります。
    ここでは、初めてキーボードを買う方のために一万円代〜数万円程度で買えるベーシックなキーボードについて、選択の参考になるように解説します。

    キーボード選びのポイント電源方式プリセット(内蔵)音色数重さ、大きさ鍵盤数スピーカーの有無付属品その他の機能電源:電池駆動・AC電源

    非常にコンパクトで安価なモデルやショルダータイプ(ギターのように肩にかけて演奏する)には電池駆動のものがあります。
    電源ケーブルが邪魔にならず、気にしないで演奏ができるのがメリットですが、電池の交換は煩わしいかもしれません。

    電池でも駆動するタイプ


    しかし、電池で駆動できるタイプでも多くのモデルはACアダプターが(別売りのこともある)使えるようになっているので、確認して購入の時に用意しておくことをお勧めします。
    あとで購入することもできますが、生産が終了してしまうと適合するアダプターも無くなっている可能性があるので、同時に購入する方が望ましいです。

    プリセット(内蔵)音色数

    最近では電子ピアノでも、ピアノ音色以外にオルガンやハープシコード、ストリングスなどの音色に切り替えができるモデルも多くなっています。
    シンセサイザーならばさらに多くの音色がプリセットされています。
    それほど高価な機種でなくても1000種類以上の音色がプリセットされているものも珍しくないです。
    音色数が多ければ多いほど良いというわけではありませんが、ピアノ、クロマチックパーカッション、ストリングス、ブラス、オルガン、ギター、ベース、リード、パイプ、シンセ系音色、効果音、和楽器、エスニック楽器、パーカッションなどが揃っていると、いろいろな使い方、演奏を楽しむことができます。
    同じ音色名でもメーカーやモデルによって特色があるので、実際に弾いいてみて確かめてみると良いです。

    重さ、大きさ室内に設置


    スタンドに設置する場合には、スタンドのサイズも考慮しなくてはいけません。
    なお、そのモデル専用のものがある場合もありますが、サイズが合えば何を使っても構いません。
    テーブルの上に置いても大丈夫です。

    持ち運びを考えるなら

    外に持ち出して使用したり、室内でも場所を決めずに移動させて使う場合には重さが大切なポイントです。
    プラスチックやアルミなどの軽い材質の筐体のモデルが多いので、かなり充実した機能を持っていて、サイズが小さくなくても軽量のものもたくさんあります。
    特に歩いて運ばなくてはならなかったり、電車に乗ったりする場合には重さは確認しておくと良いです。
    また、持ち運ぶためにはケースが必要です。
    ハードケース、ソフトケース、リュック型、キャスター付きなど用途やサイズ、重さに合わせて選びましょう。

    鍵盤数

    鍵盤数は小さいものでは37鍵(3オクターブ)、主流は49鍵(4オクターブ)、61鍵(5オクターブ)で88鍵はピアノと同じ鍵盤数です。
    両手を使って演奏するならは最低でも49鍵は欲しいですが、できれば61鍵をお勧めします。
    61鍵ならばちょっとした演奏や、バンドのキーボードとしては充分に使えますし、持ち運びも大変ではありません。

    スピーカーの有無スピーカーが内蔵されているステレオスピーカーが内蔵されている


    スピーカーがキーボード本体に内蔵されていれば、それだけで音を出すことができます。
    スピーカーが内蔵されているモデルは比較的安価な本当に初心者向きのモデルに多いです。

    スピーカーが無いスピーカーなし、アンプが必要

    ある程度機能を備えたものはスピーカーが内蔵されていないものが多いので、その場合には別にアンプ付きスピーカーを用意しなければなりません。
    家庭で演奏するならば、卓上サイズのものなどもあるので、場所に合わせて選びましょう。

    またスピーカーを内蔵していても、出力が小さいことが多いので、ステージなどで使用するためにはアンプを使う必要があるかもしれません。
    スピーカー内蔵を選ぶ場合には、外付けのスピーカーから音を出すための「OUT PUT」端子の有無を確認しておくと良いです。

    使えるアクセサリー

    より豊かな表現をするためのアクセサリーが使えるかどうか、必要ならば確認しておきましょう。
    これらは別売りのことが多いです。

    フットコントローラー
    演奏の途中で強弱をつけたり、モジュレーションやピッチベンドをかけたり、音色を変えたりなどがペダルでコントロールできます。ダンパー(サステイン)ペダル
    ピアノの右のペダルと同じで、鍵盤から手を離しても音を伸ばし続ける機能です。
    その他の機能

    その他にチェックしておきたいポイントは以下です。
    必ずしも必要なものではありませんが、どんな使い方をするのかによってチェックしておくと良いです。

    譜面台
    専用の譜面台が取り付けられるモデルもあるタッチレスポンス
    鍵盤を弾く強さで音の強弱が表現できる機能ピッチベンダー
    演奏中に音程を変えるためのホイールモジュレーションホイール
    演奏中にビブラートをかけるためのホイールリズムマシン機能
    主なジャンル向けのドラムパターンがプリセットされている、またユーザーが組める自動伴奏機能
    簡単な操作でコードやアルペジオ、バッキングなどを自動的に演奏させられるMIDI
    他のMIDI規格の機器とつなげて、コントロールしたり、されたりする機能USB
    パソコンとつないだり、データをUSBに記録するなどに使うAUX IN
    外部音源の音を入力できるOUT PUT(ステレオ/モノラル)
    外部のスピーカーにつなぐ時に、ステレオにできるかモノラルだけかデモ演奏
    工場出荷時にデモ演奏曲が内蔵されているまとめ

    たくさんの要素を並べましたが、それぞれ特徴があって、また多くのモデルがあって迷うと思います。
    同じ価格で同じような機能のモデルで迷った場合には、ボタンやスイッチの形や位置、ディスプレイの大きさや形、音色や弾き心地など、実際に触ってみて直感的で自分に合っているものを選ぶのが良いでしょう。


  • 音楽 H 0 Votes 18 閲覧数


    譜面に記されているコードを理解して、コード付きの簡単な譜面を確実に弾きこなすためには、コードに含まれている文字や数字の意味を理解することが必要です。
    コードの仕組みがわかれば、どんなKeyのコードでも、自在に弾くことができます。

    このどピックでは、一般によく出てくるコードについて、初心者にもわかりやすく解説します。

    音程

    コードの意味を理解するためには「音程」の基礎知識が必要です。

    日常の生活の中で「音程が狂っている」「音程が悪い」「音程が合っている」などとよく使われる単語です。
    音楽理論の上での「音程」とは2つの音の高さの違い、距離(インターバル)のことをいいます。
    「度」の単位で表します。

    1度=同じ音(ユニゾン)
    2度:C-D, D-E, E-F, F-G, G-A, A-B, B-C
    3度:C-E, D-F, E-G...
    4度:C-F, D-G, E-A...
    5度:C-G, D-A, E-B...
    6度:C-A, D-B, E-C...
    7度:C-B, D-C...
    8度=1オクターブ

    鍵盤を見るとわかりますが、C~D、D-E、F-G、G-A、A-Bの間には黒鍵があります。
    E-F、B-Cの間には黒鍵がありません。
    同じ2度でも距離が違うということがわかります。

    C~D、D-E、F-G、G-A、A-Bの2度の音程は「全音(ホールトーン)」
    E-F、B-Cの音程は「半音(セミトーン)」です。

    距離の違う同じ度数の音程は「完全」「長」「短」「増」「減」をつけて区別をします。

    完全音程 ハーフェクト・インターバル(P)    1度、4度、5度、8度長音程  メジャー・インターバル(M)      2度、3度、6度、7度短音程  マイナー・インターバル(m)      2度、3度、6度、7度増音程  オーギュメント・インターバル(aug, +) 全ての音程減音程  ディミニッシュ・インターバル(dim, ー) 全ての音程


    「C」の音を基準にすると

    完全1度=同じ音
    短2度 =半音1
    長2度 =全音1
    短3度 =全音1+半音1
    長3度 =全音2
    完全4度=全音2+半音1
    増4度 =全音3
    減5度 =全音2+半音2
    完全5度=全音3+半音1
    増5度 =全音3+半音2
    短6度 =全音3+半音2
    長6度 =全音4+半音1
    短7度 =全音4+半音2
    長7度 =全音5+半音1
    完全8度=1オクターブ

    *増5度と短6度は異名同音程です。

    コードの種類と構成音

    よく使われる基本的なコードは次の11種類です。

    メジャー・トライアド(長三和音)マイナー・トライアド(短三和音)オーギュメント・トライアド(増三和音)メジャー・セブンスセブンスマイナー・セブンスマイナー・メジャー・セブンスマイナー・セブンス・フラット・フィフスシックスサスペンデッド・フォースディミニッシュ<実例>

    「C」をルートにするコードで実例を示します。

    メジャー・トライアド(長三和音)
    マイナー・トライアド(短三和音)
    オーギュメント・トライアド(増三和音)Caug, C(#5)
    メジャー・セブンス CM7, C△7, CMaj7
    セブンス
    マイナー・セブンス
    マイナー・メジャー・セブンス
    マイナー・セブンス・フラット・フィフス Cm7(♭5), Cm7-5シックスサスペンデッド・フォース (サスフォー)

    3度の代わりに完全4度を加えます。ディミニッシュ

    *♭♭(ダブルフラット)は完全2度下の音と異名同音になります。
    B♭♭=Aで記譜されることが多いです。

    *コード表記には色々な形があり、記譜する人の好みで使われます。
    例)CM7=CMaj7=C△7
      Cm7(♭5)=Cm7-5
      


  • 音楽 H 0 Votes 22 閲覧数


    いろいろな状況で家にピアノがある方はたくさんいると思います。
    ピアノを持っていて普段弾いている方もいるでしょう。
    あるいは昔習ったから、子供が習っていたからピアノが家にあるけれども長いこと蓋も開けてなくて、上に物が置かれているという方も少なくないでしょう。

    電子ピアノであれば、これは電気製品なので特別なメンテナンスは必要ありませんが電気製品と同様に寿命があります。
    ピアノは高価な買い物ですが、きちんとメンテナンスを続けていけば一生使えるといっても過言ではありません。
    少し放置してしまったピアノも早めにメンテナンスをすることで、良い音をよみがえらせ長く使うことができるようになります。

    調律

    ピアノのメンテナンスというと主には調律をさします。
    もちろん、綺麗に磨いたり、埃が入らないように気をつけたりということもありますが、ピアノを大切に使うためには調律が一番大切です。

    なぜ調律をするのか

    ピアノは鍵盤を弾くことによって張ってある弦をハンマーで叩いて音を鳴らすしくみの楽器です。
    常に弦は強い力で引っ張られ緊張状態にあります。
    弾くことによって、あるいは弾かなくても、自然に弦は緩んできます。
    6本弦のギターでも弾くたびにピッチの調整が必要です。
    ピアノの弦は230本ではるかに大きな緊張状態にあります。
    緩んでくるとピッチが下がってきます。
    一つの音に使われている複数の弦の緩み具合の違いによって、音がうねって変な響きにもなってきます。
    これが、狂っているという状態です。
    (一つの音の複数の弦のピッチをわざとずらして音をうねらせるホンキートンクという調律もありますが。)
    この弦の張り具合を調整してピッチを正確に直してやるのが調律です。

    調律の頻度普段弾いているピアノ

    一般的な目安としては1年に1回が最適と思われます。
    しかし、1年経っていなくても、音が狂っていると感じた時には調律をすることをお勧めします。
    新しいピアノでは、まだ弦が落ち着いていないので、早めに音の狂いを感じることがあります。
    また、引越しなどで運搬・移動した場合にも狂いが生じますので、引越し完了後、置き場所をきちんと決めたところで調律をすると良いです。

    あまり弾かないピアノ

    普段弾かないピアノを定期的に調律するのは費用の面でも難しいかもしれません。
    しかし、あまり長い間放置すると、下がりすぎたピッチを元に戻すのにピアノに負担をかけることになります。
    また一旦調律しても狂いやすくなるうえ、緩み方が大きくなると一度で直すのは不可能です。
    ですから5年、10年と放置しておくのはお勧めできません。
    ピアノの状態にもよるので、調律の時に、調律師さんに状況を説明して次の調律の時期を決めていけば良いでしょう。

    調律とともに行うメンテナンス

    調律の時には、ピッチの調整以外にも必要に応じて様々なメンテナンスを行います。

    整調

    ピアノは数多くの部品でできており、鍵盤やハンマー、ペダルなど弾く時に動かす部分も使っているうちに、劣化したり動きが悪くなったりします。
    これらの演奏に重要な部品の動きを調整して最適な弾き心地に調整するのが整調です。

    清掃

    長年の間には埃がたまったり、弦が錆びたり、フェルトが痛んだり、カビが生えたりすることもあります。
    こういうところもチェックし、必要があれば部品を交換することもあります。
    特に湿度の高いところで使用していたり、海の近くなど空気中に塩分が多い地域では傷みやすい傾向にあります。

    ピアノを大切にするために環境を整える

    定期的な調律、メンテナンスをしていればずっと良い状況を保っていけるのがピアノなどアコースティック楽器の良いところです。
    調律師さんにメンテナンスしてもらうだけでなく、普段から湿度を適当に保ったり、潮風に触れないようになど良い環境を整えることもピアノを良い状態で使い続けるためには大切です。

    置き場所もキッチンからの蒸気が流れてくるような場所はピアノを劣化させてしまいます。
    ちなみに、湿度は50が最適なので、除湿や加湿で調整しましょう。
    ピアノはきちんと日頃から管理をして、定期的なメンテナンスをして大切にに長く使っていきたいものです。


  • 音楽 H 0 Votes 38 閲覧数


    短調のスケールには3つの種類があります。

    和声的短音階(ハーモニック・マイナー・スケール)自然的短音階(ナチュラル・マイナー・スケール)旋律的短音階(メロディック・マイナー・スケール)

    基本的な和声的短音階の練習ができたら、続いて自然的短音階と旋律的短音階も練習しましょう。
    旋律的短音階は高い音に上がる時と、低い音に下がる時との違いを覚えましょう。

    1オクターブが弾けたら、2オクターブにしたり、カデンツをつけた練習もしましょう。

    短調のスケールイ短調(A minor)
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>

    ホ短調(E minor)
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>

    ロ短調(B minor)
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>
    嬰へ短調(F# minor)
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>
    嬰ハ短調(C# minor)
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>

    嬰ト短調(G# minor)=A♭ minor
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>
    嬰ニ短調(D# minor)=E♭ minor
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>
    嬰イ短調(A# minor)=B♭ minor
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>
    ニ短調(D minor)
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>
    ト短調(G minor)
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>
    ハ短調(C minor)
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>
    へ短調(F minor)
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>

    変ロ短調(B♭ minor)=A# minor
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>
    変ホ短調(E♭ minor)=D#minor
     <自然的短音階>        <旋律的短音階>
    変イ短調(B♭ minor)=A# minor