ABAPでの日付処理
0 628

このトピックでは、ABAPにおける日付の処理方法を纏めて説明します。

 

日付項目は文字型であり、数値型ではありません。但し、ABAPでは自動的にデータ型変換が実行されるため、日付項目でも数値演算を行うことができます。 なお、SAP標準から様々な日付を計算するための汎用モジュールが用意されているため、それらを利用することもできます。

日付の加減算を行う

指定された日付より何日前又は、何日後の日付を計算するには、日付項目と数値項目の加減算により簡単に実現できます。

DATA:
  W_DATE        TYPE D,
  W_3DAY_BEFORE TYPE D,
  W_5DAY_AFTER  TYPE D.
W_DATE = SY-DATUM.
W_DATE+6(2) = '01'.

日単位だけではなく、月又は年単位で日付の加減算を行うには、汎用モジュールRP_CALC_DATE_IN_INTERVALE(ステータス:未リリース)を使用することができます。

 DATA: l_date TYPE d VALUE '20161201'.
 DO 2 times.
   CALL FUNCTION 'RP_CALC_DATE_IN_INTERVAL'
    EXPORTING
      date       = l_date
       days       = 0
       months     = 1
       signum     = '+'
       years      = 0
    IMPORTING
       calc_date = l_date.
   WRITE: / l_date.
 ENDDO.

月初や月末日付を取得

指定された日付の月初や月末日付を取得するには、汎用モジュールHR_JP_MONTH_BEGIN_END_DATE(ステータス:未リリース)を使用することができます。

DATA:
  W_DATE               TYPE   D,
  W_MONTH_FIRST_DATE   TYPE   D,
  W_MONTH_LAST_DATE    TYPE   D.
W_DATE = SY-DATUM.
CALL FUNCTION 'HR_JP_MONTH_BEGIN_END_DATE'
EXPORTING
  IV_DATE = W_DATE
IMPORTING
  EV_MONTH_BEGIN_DATE = W_MONTH_FIRST_DATE
  EV_MONTH_END_DATE   = W_MONTH_LAST_DATE.

月初日付だけを取得する場合では、汎用モジュールよりも、日付を文字列としてDAYの部分を'01'に置き換えることで簡単に実現できます。 なお、月末日だけを取得する場合では、汎用モジュールLAST_DAY_OF_MONTHS(ステータス:未リリース)を利用することも可能です。

DATA:
  W_DATE   TYPE D.
W_DATE = SY-DATUM.
W_DATE+6(2) = '01'.

週を取得

指定された日付がその年の1月1日から数えて何週目かを判断するには、汎用モジュール「DATE_GET_WEEK」を使用できます。 その何週目の情報は、年・週(yyyyww)の形式で汎用モジュールから返却されます。

DATA: 
  W_DATE TYPE SCAL-DATE,
  W_WEEK TYPE SCAL-WEEK.
WK_DATE = SY-DATUM.
CALL FUNCTION 'DATE_GET_WEEK'
EXPORTING
  DATE = W_DATE
IMPORTING
  WEEK = W_WEEK
EXCEPTIONS
  DATE_INVALID = 1
  OTHERS = 2.

週の初日を取得

汎用モジュールWEEK_GET_FIRST_DAY(ステータス:リリース)を使用すれば、年と週番号から、該当の週の月曜日の日付を取得することができます。

DATA: 
 DATUM LIKE SCAL-DATE,
 WOCHE LIKE SCAL-WEEK.
 WOCHE = '201521'. "2015年21週目
 CALL FUNCTION 'WEEK_GET_FIRST_DAY'
   EXPORTING 
     WEEK = WOCHE
   IMPORTING 
     DATE = DATUM  "2015/05/18が戻される
   EXCEPTIONS 
     WEEK_INVALID = 1.

日付の妥当性をチェック

  • DATE_CHECK_PLAUSIBILITY
    入力された日付が正しいかチェックする
  • DATE_COMPUTE_DAY
    日付に対して平日を戻す
  • DATE_CONVERT_TO_FACTORYDATE
    日付に対して稼働日カレンダを戻す
  • FACTORYDATE_CONVERT_TO_DATE
    稼働日のシリアル番号とカレンダーから日付を返す
  • BAPI_CCODE_GET_FIRSTDAY_PERIOD
    会計期間の初日を取得
  • BAPI_COMPANYCODE_GET_PERIOD
    会計年度と会計日付を取得
  • CONVERSION_EXIT_PDATE_OUTPUT
    日付型の内部書式を外部書式(YYYY/MM/DD)に変換
  • CONVERT_DATE_TO_INTERNAL
    日付の文字列をR/3内部表現に変換する

0 628
みんなのツイート (0)

関連サマリー


  • プログラミング基礎 0 Votes 311 閲覧数


    このトピックは動的なデータオブジェクトを取り上げて、その特徴と使用方法を説明します。

    動的なデータオブジェクトとは

    動的なデータオブジェクトを説明する前にまず静的なデータオブジェクトを説明しておきます。

    プログラムの宣言部分において DATAなどの命令を使用して定義するデータオブジェクトはすべて静的に登録され、プログラムの起動時にはすでに存在する「静的なデータオブジェクト」となります。

    一方、動的なデータオブジェクトとは、プログラム実行時に、CREATE DATA命令を使用して作成されるデータオブジェクトです。

    動的なデータオブジェクトは以下の特徴があります。

    現在の ABAPプログラムの内部セッションの中にデータオブジェクトが登録されます。動的なデータ型を利用することができます。登録されるデータオブジェクトは独自の名称を持ちません。データ参照変数を使用した場合にのみアドレス指定することができます。内容をアクセスするにはフィールドシンボルを利用しなければなりません。動的なデータオブジェクト作成静的なデータ型使用の場合

    静的なデータ型を利用して動的なデータオブジェクトを作成するには、TYPEオプションを使用します。 TYPEオプションの使い方は基本DATA命令と同じですが、タイプ名を指定する際に動的な名称も使用可能です。 以下のような型を使用することができます。

    ABAP基本タイプ
    CREATE DATA dref TYPE c LENGTH 3.TYPESによって定義された任意のデータ型
    TYPES TYP_BKPF TYPE STANDARD TABLE OF BKDF
    CREATE DATA dref TYPE TYP_BKPF.ABAP ディクショナリによる任意のデータ型
    CREATE DATA dref TYPE BKDF.
    CREATE DATA dref TYPE STANDARD TABLE OF BKDF

    サンプルソース:

    DATA typ TYPE c. DATA len TYPE i. DATA dref TYPE REF TO data. FIELD-SYMBOLS <fs> TYPE ANY. typ = 'c'. len = 30. CREATE DATA dref TYPE (typ) LENGTH len. ASSIGN dref->* TO <fs>. <fs> = 'ABCDEF'. write <fs>.動的なデータ型使用の場合

    実行時データ型サービス (RTTS) データ型オブジェクトによって記述される動的なデータ型のデータオ ブジェクトを生成するには、TYPE HANDLEオプションを使います。

    サンプルソース:

    DATA: r_stru TYPE REF TO cl_abap_structdescr, it_comp TYPE cl_abap_structdescr=>component_table, r_comp TYPE abap_componentdescr, r_elem TYPE REF TO cl_abap_elemdescr, r_data TYPE REF TO DATA. DATA: length_of_field TYPE I VALUE 10. FIELD-SYMBOLS: <fs> TYPE ANY. START-OF-SELECTION. r_elem = cl_abap_elemdescr=>get_c( length_of_field ). r_comp-name = 'FIELD1'. r_comp-type = r_elem. APPEND r_comp TO it_comp. r_stru = cl_abap_structdescr=>create( it_comp ). CREATE DATA r_data TYPE HANDLE r_stru. ASSIGN r_data->('FIELD1') TO <fs>. <fs> = 'ABC'. WRITE: / <fs>.


  • プログラミング基礎 0 Votes 526 閲覧数


    フィールドシンボルとは、物理的なメモリを占有せずに、任意の変数(単一変数、構造、内部テーブルなど)に 割り当てる(Assign)ことで、任意の変数を指し示すことができます。C言語でいうポインタのようなものです。

    宣言

    フィールドシンボルを宣言するには、以下のような構文を使用します。

    FIELD-SYMBOLS <FS> [< データ型 >|STRUCTURE <s> DEFAULT <wa>]. <FS>にある角かっこも構文の一部です、タイプ指定しない場合は、TYPE ANYで宣言することができます。

    FIELD-SYMBOLS <FS1> TYPE ANY. FIELD-SYMBOLS <FS2> TYPE ANY TABLE.

    割り当て

    Assign命令を使います。

    参照と書き込み

    フィールドシンボルにやまかっこをつけて、フィールドシンボルがアドレスするデータを参照または書き込みすることができます。

    FORM f_get_range_table USING u_setclass u_subclass u_setname CHANGING r_range TYPE TABLE. DATA: lt_set LIKE setleaf OCCURS 0 WITH HEADER LINE, wl_range TYPE REF TO DATA . FIELD-SYMBOLS : <fs_rec>,<fs_itm> .

    SELECT * FROM setleaf
      INTO TABLE lt_set
      WHERE setclass = u_setclass
      AND subclass = u_subclass
      AND setname = u_setname.

    LOOP AT lt_set.
    CREATE DATA wl_range LIKE LINE OF r_range.
    ASSIGN wl_range->* TO <fs_rec>.
    ASSIGN COMPONENT 'SIGN' OF STRUCTURE <fs_rec> TO <fs_itm>.
    <fs_itm> = lt_set-valsign.
    ASSIGN COMPONENT 'OPTION' OF STRUCTURE <fs_rec> TO <fs_itm>.
    <fs_itm> = lt_set-valoption.
    ASSIGN COMPONENT 'LOW' OF STRUCTURE <fs_rec> TO <fs_itm>.
    <fs_itm> = lt_set-valfrom.
    ASSIGN COMPONENT 'HIGH' OF STRUCTURE <fs_rec> TO <fs_itm>.
    <fs_itm> = lt_set-valto.
    APPEND wl_range to r_range.
      ENDLOOP.
    ENDFORM.


  • プログラミング基礎 0 Votes 127 閲覧数


    このトピックでは、動的な名称の使用方法を取り上げて説明します。

    動的な名称とは

    ABAPプログラムでは、以下のように様々な名称が使用されます。

    データ型を指定するための名称データオブジェクトを参照するための名称SQL文に記述されるテーブル名称…

    通常はプログラムを作成する際に明示的に記述しますが、より機能性が高いプログラムを作成する場合、その名前を可変にしなければならないケースがあります。この可変の名前は動的な名前と呼ばれます。

    基本的な構文

    基本構文は以下のようになります (名称が格納された変数)

    REPORT Y_TEST. DATA: A TYPE C, V1 TYPE C. FIELD-SYMBOLS <FS> TYPE ANY. A = 'T'. V1 = 'A'. ASSIGN (V1) TO <FS>. WRITE: <FS> . 活用される場面ツール型のプログラム作成

    テーブル内容をエクスポートするツールを例とします、テーブル名はユーザから任意に指定可能です。

    以下はその実装の抜粋です。

    PARAMETERS: pn TYPE dd02l-tabname obligatory. START-OF-SELECTION. DATA: t_itab TYPE REF TO DATA. FIELD-SYMBOLS: <itab> TYPE STANDARD TABLE. CREATE DATA t_itab TYPE STANDARD TABLE OF (pn). ASSIGN t_itab->* TO <itab>. SELECT * FROM (pn) INTO TABLE <itab>. *後続は省略コードの簡潔化

    名前が番号違いだけである複数の変数に対してそれぞれ何かの処理を行う時に、動的に変数を割り当てループ処理化することにより、コーディング記述量を劇的に減らすことができます。

    REPORT Y_VARNAME_TEST. DATA:V1(2) TYPE C, V2(2) TYPE C, V3(2) TYPE C, V4(2) TYPE C, V5(2) TYPE C, V6(2) TYPE C, V7(2) TYPE C, V8(2) TYPE C, V9(2) TYPE C.

    DATA: VNAME(5) TYPE c ,
    VINDEX TYPE c.

    FIELD-SYMBOLS <FS> TYPE ANY.
    START-OF-SELECTION.
    DO 9 TIMES.
    VINDEX = SY-INDEX.
    CONCATENATE 'V' VINDEX INTO VNAME.
    ASSIGN (VNAME) TO <FS>.
    CONCATENATE 'X' VINDEX INTO <FS>.
    ENDDO.
    DO 9 TIMES.
    VINDEX = SY-INDEX.
    CONCATENATE 'V' VINDEX INTO VNAME.
    ASSIGN (VNAME) TO <FS>.

    WRITE:/ VNAME,
    : '=' ,
    : <FS>.
    ENDDO.

    上記のサンプルの実行結果は以下の図で示します。

    変数参照制限の回避

    ABAPでは異なるプログラム(レポート、汎用グループetc)のグローバル変数を直接参照することができません。 但し、Exit実装のアドオンプログラムから、直接拡張された標準プログラムのグローバル変数を直接参照したいというニーズはたまたま発生します。 そこで裏技になりますが、動的な変数名を利用すれば、プログラムを跨ってグローバル変数を参照できないというABAP言語の制限を回避することができます。

    以下はそのサンプルです。

    *
    DATA: I_OKCODE(17) TYPE C VALUE '(SAPLMR1M)OK-CODE'.
    FIELD-SYMBOLS: <FS_OKCODE> TYPE ANY.
    ASSIGN (I_OKCODE) TO <FS_OKCODE>.


  • プログラミング基礎 0 Votes 51 閲覧数


    背景

    編集中

    型の作成

    編集中

    基本型

    数値や文字列などのABAP基本型を動的に作成するには、クラスCL_ABAP_ELEMDESCRのメソッドを利用します。 クラスCL_ABAP_ELEMDESCRからいかのようなStaticメソッドが用意されております。

    メソッド名機能GET_Cパラメータで指定された長さのC(テキスト)項目型を取得GET_Nパラメータで指定された長さのN(数値テキスト)項目型を取得GET_Xパラメータで指定された長さのX(16進数)項目型を取得GET_Pパラメータで指定された長さのP(パック数値項目)型を取得

    STRING(文字順序)、XSTRING(バイト順序)、I(整数)、F(浮動小数点数)、D(日付)、T(時間)などの型もメソッドが用意されておりますが、こちらの型は長さの指定がないので、型名を静的に指定すればよく、あえてメソッドを利用する必要がありません。

    下記のサンプルソースでは、長さ10の固定長テキスト項目型を動的生成する方法を示しています。

    DATA c10 TYPE REF TO cl_abap_datadescr. 

    c10 = cl_abap_elemdescr=>get_c( 10 )."動的な型を取得


  • プログラミング基礎 0 Votes 382 閲覧数


    概要バリアントとは

    バリアントとは、同じ選択条件で実行することが多いプログラムに対して、入力値のセットを保存させておくものです。 レポートプログラムバリアント、画面バリアント、トランザクションバリアントなどがあります。

    バリアント変数とは

    バリアント変数とは、バリアントに格納される値を変数化したものです。 バリアント変数は二つのタイプがあります。

    TYPE P
    単一値を定義することができます。TYPE S
    選択テーブルとして条件を定義することができます。格納テーブル

    バリアント変数の値定義はテーブルTVARVCに格納されます。

    メンテナンストランザクション利用

    バリアント変数のメンテナンスは、トランザクションSTVARVとSTVARVCを使用します。

    STVARV
    クライアント000用STVARVC
    現在のクライアント用プログラム利用

    以下はバリアント変数をABAPプログラムで動的に変更して使用する方法です。

    * バリアント変数テーブルを更新 UPDATE TVARVC SET LOW = WK_FROM   HIGH = WK_TO WHERE NAME = 'VAL_NAME' 

    AND TYPE = 'S'. "タイプ S:SELECT OPTIONS、P:パラメータ


  • プログラミング基礎 0 Votes 157 閲覧数


    このトピックでは、SAP標準で用意された採番システムの使用方法を取り上げて説明します。

    概要

    採番処理のために共通的な仕組みを提供します。 

    格納テーブルNRIV
    番号範囲間隔
    メンテナンスSNRO
    番号範囲オブジェクト


    SM56
    番号範囲バッファの管理汎用モジュール

    下記の汎用モジュールを使用できます。

    NUMBER_GET_NEXT 採番NUMBER_GET_INFO 情報取得NUMBER_CHECK チェック


  • プログラミング基礎 0 Votes 945 閲覧数


    このトピックはテーブルのデータ行に対して、読み込みや変更などの操作方法を取り上げて説明します。

    読み込み

    内部テーブルから単一行を読み込みするには、以下の命令を使用します。

    READ TABLE itab search-key search-result.検索キーを指定

    読み込む対象となるデータ行の検索キーを指定する方法を説明します。

    (1)テーブルキー指定

    検索キーとして itab のテーブルキーを使用するには、以下のように key を入力します。

    READ TABLE itab FROM wa result.

    または

    READ TABLE itab WITH TABLE KEY k1 = f1 … kn = fn result.

    全タイプの内部テーブルに対して、この方法を利用することができます。

    (2)任意キー指定

    テーブルキー以外の項目も検索キーとして指定することができます。

    READ TABLE itab WITH KEY k1 = f1 … kn = fn result.

    標準テーブルの場合、「BINARY SEARCH」をつけて検索の高速化を図ることができます。これは、標準テーブルが検索キー項目によってソートされていることを前提にしています、そうではない場合、エラーにならないが、意図しないデータ行が読み出されることになってしまいます。

    (3)index指定

    標準テーブルおよびソートテーブルに限りますが、読み込む行のテーブル索引を明示的にidxによって指定することができます。

    READ TABLE 読出元の内部テーブル INTO 読み出し先構造 INDEX idx

    idx は、i 型のデータオブジェクトである必要があります。

    取得できたかをチェック

    対象データが取得できた場合と取得できなかった場合、それぞれ以下のようにシステム項目に値が設定されます。

    取得できた場合sy-subrc: 0sy-tabix: 取得された行のインデックス取得できなかった場合sy-subrc: エラーコード(0でない数字)対象行のデータを照会

    検索対象行のデータを照会するには、作業領域かフィールドシンボルかを使用することができます。

    作業領域を使用
    READ TABLE itab key INTO waフィールドシンボルを使用
    READ TABLE itab key ASSIGNING <fs>.存在チェック

    対象データ行の内容を関心せず、対象データが存在しているかどうかのみをチェックする場合があります。その際、「READ TABLE」命令に「NO FIELDS」オプションをつけることができます。

    挿入単一行挿入

    単一行を内部テーブルの特定の箇所に挿入する場合は、「INSERT」を使用します。

    INSERT wa INTO TABLE itab INDEX idx.複数行挿入

    複数行を内部テーブルの特定の箇所に挿入する場合は「INSERT LINES OF」を使用します。

    INSERT LINES OF itab1 FROM idx1_1 TO idx1_2 INTO TABLE itab2 INDEX idx2.変更単一行変更

    単一行を変更するには、以下の命令を使用します。

    MODIFY TABLE itab FROM wa [TRANSPORTING f1 f2 …].複数行変更

    条件を使用して 1 行または複数行を変更するには、以下の命令を使用します。 MODIFY itab FROM wa TRANSPORTING f1 f2 …WHERE cond.

    削除単一行削除

    内部テーブルの単一行を削除する場合は、DELETE 命令を使用します。

    DELETE TABLE itab FROM wa.

    または

    DELETE TABLE itab WITH TABLE KEY k1 = f1 … kn = fn.

    または

    DELETE TABLE itab Index idx複数行削除

    内部テーブルの行を複数まとめて削除する場合には、「DELETE .. WHERE」文を使用します。

    DELETE TABLE itable WHERE key = value.走査

    内部テーブルを走査するには、命令LOOP~ENDLOOPを使用します。 FROM を指定できるのは、 標準テーブルおよび ソートテ ーブルの場合に限られます。 すべてのテーブルデータ型について WHERE を指定することができます。

    DATA : T_WITH_ITEM TYPE TABLE OF WITH_ITEM, W_WITH_ITEM TYPE WITH_ITEM. * 処理 LOOP AT T_WITH_ITEM INTO W_WITH_ITEM WHERE BELNR = W_BELNR AND BUZEI = W_BUZEI. * 処理  

    ENDLOOP.


  • プログラミング基礎 0 Votes 112 閲覧数


    このトピックでは内部テーブル全体に対する操作を取り上げて説明します。

    割当

    内部テーブルの割り当ては、MOVE命令を使用します。 MOVE itab1 TO itab2. なお、代入演算子も同様の働きを持ちます。 itab2 = itab1.

    上記の命令が実行された結果、内部テーブルitab1の内容が内部テーブルitab2にコピーされることになります。

    初期化

    内部テーブルを初期化するには、clear、fresh、freeなどの命令を使用します。

    clear構文1:clear itab[]
    内部テーブルの本体を初期化します。
    内部テーブルは初期メモリ所要量が予約され、その以外のメモリ領域がすべて解放されます。構文2:clear itab
    ヘッダ行を含まない内部テーブルの場合は、この命令はclear itab[]と同様に動作します。
    ヘッダ行を含る内部テーブルの場合は、ヘッダ行(作業領域)の名前が内部テーブルと同じであるため、このテーブルは単なるヘッダ行のクリアのみとなります。fresh構文:fresh itab
    常に内部テーブルの本体を初期化します。この命令はclear itab[]と同様に動作します。free構文:fresh itab
    常に内部テーブルの本体を初期化します。この命令はclear、fresh命令と異なり、内部テーブルに対して、初期メモリ所要量を含めた記憶域全体をすべて解放します。比較

    ABAPでは、内部テーブルも論理式内のオペランドとして比較することができます。

    ソート

    内部テーブルのソートはSORT命令を使用します。

    SORT itab [ASCENDING|DESCENDING] [AS text] [STABLE].

    属性取得

    DESCRIBE TABLE命令を使用して、件数などの内部テーブルの各属性を取得することができます。

    DESCRIBE TABLE
    構文:DESCRIBE TABLE itab [LINES lin] [OCCURS n] [KIND knd].パラメータ:LINES
    内部テーブルのレコード件数を取得します。パラメータ:OCCURS
    内部テーブルの初期サイズを取得します。パラメータ:KIND
    内部テーブルの種類を取得します。