おいしいお肉の選び方
0 455

おいしいお肉は色と脂肪で簡単に選ぶことができます。

このトピックでは基本的な牛肉・豚肉・鶏肉の選び方をお伝えします。

 

共通事項:ドリップの出たものは避ける

ドリップとは肉を長時間保存した際に出る赤い汁です。これは肉の水分、タンパク質、そしてうまみ成分が含まれたものです。

つまりドリップが出ているものは、鮮度が落ち、栄養素と水分が流れ出ててしまった肉ということになります。

トレーを傾け、水分が出ていないか確認してから買いましょう。


牛肉

 

 明るく鮮やかな赤色で、表面に艶のあるものが新鮮な牛肉です。

 逆に黒っぽく変色し、乾いたようなものは古い肉ですので避けるのが無難です。また、あまりに濃い赤は老いた牛、もしくは健康でない牛です。こちらも注意してください。

 脂肪

 網目状に細かい脂肪のあるものが柔らかくおいしい牛肉です。脂肪の色は白、もしくは乳白色のものを選びましょう。牛肉のおいしさは脂に大きく左右されますので、よく吟味してください。

 また鮮度のよい肉は赤身と脂肪の色の違いがはっきりしています。古い肉はドリップが出て、脂肪を赤く染めてしまうためです。


豚肉

 色

 新鮮なものはみずみずしく光沢があり、少し灰色がかった淡いピンク色をしています。古くなると白→灰色と色が変化していきます。ピンクの綺麗なものを選びましょう。

 部位によって色味は異なりますが、同じ部位を比較したときに赤みの強いものと色の暗いものは固いことがあります。注意しましょう。

 脂肪

 新鮮な豚肉の脂肪は白です。古いものは黄色になります。また牛肉と同様、赤みと脂肪の色の違いがはっきりしているものが新鮮でおいしい肉です。


鶏肉

 色

 透明感のある綺麗なピンク色をしたものが新鮮な鶏肉です。逆に暗い赤や白っぽくなっているものは鮮度が落ちています。

 脂肪

 豚肉とは逆に、鶏肉の脂肪(皮)の色は黄色いものが良いです。鮮度が落ちると白くなっていきます。また、皮表面の毛穴はブツブツと立体感のあるものが新鮮な鶏肉です。

0 455
みんなのツイート (0)

関連サマリー


  • 衣食住 A 0 Votes 52 閲覧数


    魚介のおいしさは鮮度がカギです。

    しかし牛肉や豚肉に比べて身に含まれる水分量が多いため、鮮度と味が落ちやすいのが難点です。

    せっかく食べるならおいしいものを選びたいところ。

    このトピックでは新鮮でおいしい魚介を見分けるポイントを説明します。

    一尾の場合

    見た目

    ハリがある
    身に厚みがある
    つやがある
    傷がない

    黒目がはっきりしている

    目に透明感がある

    ※鮮度が落ちると目が赤くなったり黒目が白く濁ったりします。また頭全体から血がにじんでいるものも鮮度が落ちたものです。

    エラ

    鮮やかな赤色でくすみがない

    ※赤黒いものは鮮度が落ちています。
    エラの内側の色が赤く鮮やかであれば新鮮です。

     

    ウロコ

    ウロコがきれいについている

    ※漁獲から運搬までの過程でウロコが多少とれてしまうのは問題ありません。あまりに取れてしまっているものは扱いが丁寧でなかったことが考えられ、身の状態も良くない可能性があります。 

    尾びれ

    尾びれが垂れずにピンとしている

    ※死後硬直から時間がたつと、エラ付近をもったときに尾びれがたれてしまいます。

    腹と皮

    内臓が出ておらず、腹と皮にハリがある

    ※鮮度が落ちると内臓が出てきてしまいます。また腹を触ったとき、柔らかくぶよぶよしているものは鮮度が落ちています。

    切り身の場合

    模様がぼやけず、はっきりしている
    ハリがある

    血合い

    色が濃く、身との違いがはっきりしている

    切り口

    切り口に色つやがある
    がなめらか

    皮よりも身が張り出ている

    くすみやくろずみがない

    ※タイなどの白身は透明感があれば新鮮です。

    ※トレイに赤い汁(ドリップ)が流れ出ているものは鮮度が落ちています。出ていないものを選びましょう


    いか・貝類の場合

    いか

    目が黒く透明感がある

    吸盤の固い部分がついた状態になっている

    身に透明感とハリがある

    体表の模様がぼやけず、はっきりしている

    あさり・はまぐり

    殻にツヤがある

    模様がはっきりしている

    横幅が広い

    つついたときに身動きするもの

    口をとじているもの

    かき

    身に厚みと立体感がある

    身の色が少し黄色がかっている

    傷が少ない

    身の淵が黒くなっている

    ほたて(殻付き)

    生きている(殻を軽く抑えたあと開いてきたら生きている)

    口が閉じている

    口が開いている場合は突いたときに反応するもの

    殻が割れていないもの

    ほたて(殻無し)

    透明感があり、繊維がはっきり見える

    ※身の色と新鮮さに相関関係はないため、透明感の有無で判断します。


  • 衣食住 W 0 Votes 11 閲覧数


    自分の髪に合ったシャンプーを選ぶことは、綺麗な髪質を保つためにも大切なことです。髪質は年齢や季節によっても変化するため、その時々で使い分けることは、自身の髪をより良い状態に保つことにつながります。

    シャンプーの役割


    シャンプーには洗浄作用以外にも、さまざまな役割があります。

    毛穴や毛髪の汚れを取り除く栄養を補給するマッサージ効果により、血流を良くするリラックス効果により、ストレスを解消する

    毎日欠かせないシャンプーですので、その選び方の重要性がわかります。

    シャンプーの種類


    シャンプーには主に3つの種類があります。

    アミノ酸系シャンプー

    アミノ酸系洗浄成分が配合されたシャンプーです。低刺激なシャンプーのため、肌が弱い人でもある程度は肌荒れすることなく使うことができます。また、汚れはしっかりと洗浄してくれますが、必要な潤い成分はキープした状態で仕上がります。

    デメリットは他のシャンプーよりも高単価なことが多く、一般家庭用としては少し高級な点です。なお、サロンで使用されているシャンプーの多くはアミノ酸系シャンプーです。

    【アミノ酸系シャンプーがおすすめの人】

    頭皮や髪の乾燥に悩んでいる方肌が弱い方高級アルコール系シャンプー

    高級アルコール系成分が配合されたシャンプーです。洗浄力が高く、高アルコール系シャンプーで洗うと爽快感が感じられます。

    デメリットはダメージの修復効果がない点です。そのため、髪のダメージを気にしている人には不向きです。

    【高級アルコール系シャンプーがおすすめの人】

    オイリー肌で、頭皮や髪のベタつきに悩んでいる方多汗症の方石けん系シャンプー

    石鹸系の洗浄成分が配合されたシャンプーです。洗浄力は強めですが、頭皮や髪にも優しく、使い続けることで頭皮や髪を健康な状態に保つことができます。

    デメリットは、洗浄力が強いが故に、石けん系シャンプーの使用後は髪がきしついてしまう傾向にある点です。

    【石けん系シャンプーシャンプーがおすすめの人】

    頭皮のベタつきが気になっている方しっかりと汚れを落としたい方シャンプーを選ぶときのポイント


    シャンプーを選ぶ時は、自身がどんな悩みを解決したいかを考えましょう。例えば、「癖毛を改善したい」「パサパサした髪の毛に潤いが欲しい」など、シャンプーを使った後にどんな状態になりたいかを想像すると良いです。

    また、自身の髪質や肌質に合ったシャンプーを探すことが難しい場合は、行きつけの美容院で美容師さんにおすすめのシャンプーを確認するのも一つです。


  • 衣食住 W 0 Votes 16 閲覧数


    冬の朝はとても寒く、なかなかベッドから出られないという方は多いのではないでしょうか?せっかく早起きをしても、布団から出られずに二度寝してしまうこともありますよね。そこで今回は、寒い朝でもスムーズに目覚める方法を紹介していきます!

    事前対策編


    普段から規則正しい生活を心がける

    朝すっきりと目が覚めるためには、体内時計を整えておく必要があります。規則正しい食生活を心がけ、決まった時間に就寝し起床するようにしましょう。体内リズムが整ってくると、自然と朝もすっきりと目覚めるものです。

    眠る前に体を温める

    体が冷えていると、眠りが浅くなり、結果的に朝の目覚めが悪くなります。そのため就寝前にストレッチを取り入れたり、半身浴をしたりとできるだけ体を温めることを心がけてみましょう。

    起床時の対策編


    起床前にエアコンをセット

    起床の30分~1時間ほど前にエアコンが付くように予約しておくのがおすすめです。起床する頃には部屋の温度も暖かくなり、布団から出るのがスムーズになります。

    起きたらまずカーテンを開ける

    日の光を浴びることで、体は「朝だ!」と自然と反応するようになります。寝る前にはカーテンを閉め、朝目が覚めた時にカーテンを開ける習慣をつけると、体がすっきりと目覚めてくれるでしょう。

    布団の中で運動する

    体を温めるために、布団の中で軽く運動するのも一つです。簡単に体を伸ばしてストレッチをしたり、両手を合わせて押し合う等尺性運動などもおすすめです。軽い運動を取り入れることで、基礎代謝もアップします。

    白湯を飲む

    冷えは体の内側からくるものです。朝起きてすぐに白湯を飲むことで、体が内側からぽかぽかとし、体温を上げる手助けをしてくれます。

    スムーズな目覚めを助けるアイテム編


    スマートリモコン

    室内の温湿度を計測し、設定している温湿度よりも高くなったら(低くなったら)エアコンのスイッチを自動的にオンにしてくれるアイテムです。室温を常に快適な状態に保ってくれるため、「朝寒くて起きれない」という方におすすめです。

    スマートカーテン

    設定した時間になれば自動的にカーテンを開けてくれるアイテムです。起床時間に合わせてカーテンが開くように設定しておくと、朝日とともに快適な目覚めができます。

    おこしてME(Alarmy)

    アラームが鳴ってもすぐに止めて二度寝してしまう方におすすめのアプリです。一度アラームが鳴ると、事前に設定したQRコードや物の写真を撮るまでアラームが止まらない仕組みになっています。嫌でも布団からでなければアラームが止まらないため、布団でだらだらと過ごしたり二度寝の心配はなくなります。


  • 衣食住 W 0 Votes 9 閲覧数



    日々の生活の中で、仕事や学業、友人関係など様々なことにストレスを感じてしまいませんか?多忙な毎日を送る中で、ストレスとうまく付き合うことはとても大切です。

    今ストレスを抱えている方は、もしかすると考え方や行動を少し変えるだけで、ストレスが大幅に軽減されるかもしれません。今回はストレスフリーな生活を送るためにぜひ実践してほしいことをご紹介します。

    考え方を変えよう


    自分は自分!人と比較しない

    人と比べて自分は劣っていると感じることはありませんか?人と比べることは、できない自分に落ち込み、ストレスが溜まってしまう原因にもなります。人は人、自分は自分と割り切り、できない自分ばかりに目を向けるのはやめましょう。

    何事もポジティブシンキング

    物事を悲観的にとらえると、どうしても心が落ち込みます。これから起こる事柄に不安を覚えたり、マイナスな感情を抱くのは避けましょう。どんな事柄にも「楽しみだな」「ワクワクするな」というポジティブな感情を持つように意識するだけでも、あなたの人生が明るくなりますよ。

    完璧主義にはならない

    何事も完璧にしようと思うと疲れてしまいます。もし完璧主義に陥っている方がいれば、ある程度手を抜けるところは抜く、人に頼れる部分は頼ることを意識してみましょう。「これくらい力を抜いてもいいんだ」ということがわかると、どこか心にも余裕ができるものです。

    行動を変えよう


    とにかく楽しいことをする

    ワクワクすることをしているときは、辛いことやしんどいことは忘れるものです。ストレスを感じているときほど、楽しいことをすることを心がけましょう。ショッピングでもよいですし、友達とご飯に行くのでもよいです。自分がリフレッシュできると思うことを積極的に取り入れてみてください。

    規則正しい生活を送る

    規則正しい生活は、心身を健康にしてくれる基礎となります。もし睡眠時間が短いのであれば、早寝早起きを意識してみましょう。食生活に偏りがあるのであれば、栄養バランスのとれた食事を意識してみましょう。生活習慣を少し変えるだけでも、心がパッと晴れやかになることがありますよ。

    最後に

    ストレスは「考え方」や「行動」を少し変えるだけで、うまく付き合っていくことができるものです。

    日々の生活の中でストレスを感じている方は、ぜひ今回の記事を参考に、「変化」を意識してみてください。少しの変化が、ストレスフリーな生活を送るための第一歩となりますよ。


  • 衣食住 W 0 Votes 14 閲覧数


    はじめに

    一昔前までは、社会人になったらまずは賃貸で生活し、いずれはローンを組んで持ち家に住むことが理想とされていました。しかし在宅ワークやフリーランスの増加など、働き方が変わってきている現代において、住宅に関する価値観も変わりつつあります。

    本記事では、賃貸か持ち家かで迷っている方に向け、検討する際に確認しておきたい項目をお伝えしていきます。

    働き方から考える


    住まいにおいて一番に確認する条件が「立地」。しかし、働き方によって、どこの立地に住まいを設けるかは変わります。では、持ち家か賃貸、それぞれに適した働き方とは何でしょうか?

    持ち家に適した働き方

    持ち家に適した働き方の特徴は下記の通りです。

    転勤の可能性が少ない在宅ワークが主流安定した収入のある職業

    持ち家の場合は引っ越しが困難であるため、転勤が少ないことはまず第一条件でしょう。そのうえで、在宅ワークが主流な方であれば、比較的価格の安い郊外に家を構えることもできるため、住宅ローンを押さえられるというメリットもあります。

    賃貸に適した働き方

    一方で賃貸に適した働き方の特徴は下記の通りです。

    転勤が多いフリーランス

    転勤が多い職業の場合は、引っ越しのしやすい賃貸がおすすめです。また、フリーランスは働き方が自由ではありますが、収入が安定しないことも多く、住宅ローンを組むのにリスクがある場合もあります。一定の収入が保障されるまでは、賃貸で生活するほうが良いでしょう。

    家族構成から考える


    家族構成によっても、持ち家か賃貸かの判断基準が異なります。

    持ち家に適した家族構成

    持ち家に適した家族構成は下記の通りです。

    家族構成が今後大きく変わる可能性が少ない兄弟が多い

    たとえばすでに結婚していて、子供もいるご家庭の場合、建設時に家の広さや設備を設計しやすいという利点があります。無駄な部屋や設備を設けるリスクが低いため、効率的に住宅設計ができるでしょう。

    また、自身が兄弟が多い人であれば、親から土地の相続ができない場合も多く、自分自身で住まいを設ける必要がでてきますので、持ち家を選ぶことも一つです。

    賃貸に適した家族構成

    賃貸に適した家族構成は下記の通りです。

    家族構成が今後大きく変わる可能性が高い一人っ子で親が持ち家

    今後結婚の予定があったり、両親と同居する予定がある場合は、ひとまず賃貸がおすすめです。家族が増える前提で住宅設計をしてしまうと、余剰な部屋や設備を設けてしまい、結局使わないのにお金だけがかかったという事例も少なくありません。

    また、親が持ち家の場合、親から今後土地を譲り受ける可能性があります。いつか親の持ち家に住める可能性があるのであれば、それまでは賃貸で過ごすのが良いでしょう。