おいしいお肉の選び方
0 376

おいしいお肉は色と脂肪で簡単に選ぶことができます。

このトピックでは基本的な牛肉・豚肉・鶏肉の選び方をお伝えします。

 

共通事項:ドリップの出たものは避ける

ドリップとは肉を長時間保存した際に出る赤い汁です。これは肉の水分、タンパク質、そしてうまみ成分が含まれたものです。

つまりドリップが出ているものは、鮮度が落ち、栄養素と水分が流れ出ててしまった肉ということになります。

トレーを傾け、水分が出ていないか確認してから買いましょう。


牛肉

 

 明るく鮮やかな赤色で、表面に艶のあるものが新鮮な牛肉です。

 逆に黒っぽく変色し、乾いたようなものは古い肉ですので避けるのが無難です。また、あまりに濃い赤は老いた牛、もしくは健康でない牛です。こちらも注意してください。

 脂肪

 網目状に細かい脂肪のあるものが柔らかくおいしい牛肉です。脂肪の色は白、もしくは乳白色のものを選びましょう。牛肉のおいしさは脂に大きく左右されますので、よく吟味してください。

 また鮮度のよい肉は赤身と脂肪の色の違いがはっきりしています。古い肉はドリップが出て、脂肪を赤く染めてしまうためです。


豚肉

 色

 新鮮なものはみずみずしく光沢があり、少し灰色がかった淡いピンク色をしています。古くなると白→灰色と色が変化していきます。ピンクの綺麗なものを選びましょう。

 部位によって色味は異なりますが、同じ部位を比較したときに赤みの強いものと色の暗いものは固いことがあります。注意しましょう。

 脂肪

 新鮮な豚肉の脂肪は白です。古いものは黄色になります。また牛肉と同様、赤みと脂肪の色の違いがはっきりしているものが新鮮でおいしい肉です。


鶏肉

 色

 透明感のある綺麗なピンク色をしたものが新鮮な鶏肉です。逆に暗い赤や白っぽくなっているものは鮮度が落ちています。

 脂肪

 豚肉とは逆に、鶏肉の脂肪(皮)の色は黄色いものが良いです。鮮度が落ちると白くなっていきます。また、皮表面の毛穴はブツブツと立体感のあるものが新鮮な鶏肉です。

0 376
みんなのツイート (0)

関連サマリー


  • 衣食住 A 0 Votes 29 閲覧数


    魚介のおいしさは鮮度がカギです。

    しかし牛肉や豚肉に比べて身に含まれる水分量が多いため、鮮度と味が落ちやすいのが難点です。

    せっかく食べるならおいしいものを選びたいところ。

    このトピックでは新鮮でおいしい魚介を見分けるポイントを説明します。

    一尾の場合

    見た目

    ハリがある
    身に厚みがある
    つやがある
    傷がない

    黒目がはっきりしている

    目に透明感がある

    ※鮮度が落ちると目が赤くなったり黒目が白く濁ったりします。また頭全体から血がにじんでいるものも鮮度が落ちたものです。

    エラ

    鮮やかな赤色でくすみがない

    ※赤黒いものは鮮度が落ちています。
    エラの内側の色が赤く鮮やかであれば新鮮です。

     

    ウロコ

    ウロコがきれいについている

    ※漁獲から運搬までの過程でウロコが多少とれてしまうのは問題ありません。あまりに取れてしまっているものは扱いが丁寧でなかったことが考えられ、身の状態も良くない可能性があります。 

    尾びれ

    尾びれが垂れずにピンとしている

    ※死後硬直から時間がたつと、エラ付近をもったときに尾びれがたれてしまいます。

    腹と皮

    内臓が出ておらず、腹と皮にハリがある

    ※鮮度が落ちると内臓が出てきてしまいます。また腹を触ったとき、柔らかくぶよぶよしているものは鮮度が落ちています。

    切り身の場合

    模様がぼやけず、はっきりしている
    ハリがある

    血合い

    色が濃く、身との違いがはっきりしている

    切り口

    切り口に色つやがある
    がなめらか

    皮よりも身が張り出ている

    くすみやくろずみがない

    ※タイなどの白身は透明感があれば新鮮です。

    ※トレイに赤い汁(ドリップ)が流れ出ているものは鮮度が落ちています。出ていないものを選びましょう


    いか・貝類の場合

    いか

    目が黒く透明感がある

    吸盤の固い部分がついた状態になっている

    身に透明感とハリがある

    体表の模様がぼやけず、はっきりしている

    あさり・はまぐり

    殻にツヤがある

    模様がはっきりしている

    横幅が広い

    つついたときに身動きするもの

    口をとじているもの

    かき

    身に厚みと立体感がある

    身の色が少し黄色がかっている

    傷が少ない

    身の淵が黒くなっている

    ほたて(殻付き)

    生きている(殻を軽く抑えたあと開いてきたら生きている)

    口が閉じている

    口が開いている場合は突いたときに反応するもの

    殻が割れていないもの

    ほたて(殻無し)

    透明感があり、繊維がはっきり見える

    ※身の色と新鮮さに相関関係はないため、透明感の有無で判断します。


  • 衣食住 G 0 Votes 38 閲覧数



    干すためのよい環境温度が高い

    温度はあたたかい方が洗濯物はよく乾きます。温度が高いと水分が蒸発していきます。水を熱し続けると、液体が気体に変わるという要領と同じです。温度が高ければ高いほど水分の蒸発する速度が違います。

    湿度を下げる

    湿度は低い方が洗濯物はよく乾きます。湿度が高くすでに水分量が満たされている環境では、それ以上の蒸発が起こりにくくなるからです。さらに注意したいのが温度も下がるとそれに伴い湿度が上がるということです。冬の洗濯物が乾きにくいのはそのためです。

    風通しを良くする

    洗濯物を干すときは、服と服の間をあけることを意識します。密集しているとその周辺の空気の湿気が高くなり、洗濯物が乾きにくくなります。しかし、スペースがないという場合は、横に広げずに縦の長さを意識して干してみましょう。両端に丈の長いもの、真ん中に丈の短いものを干して、アーチ状を作るように干すと空気の通り道を作ることができます。

    部屋干しは、高いところで部屋の中心に干す

    湿気は上の方が低くなります。高いところに干しましょう。また、壁の近くは空気の流れが少なく湿気が溜まりやすいので、なるべく壁から離れたところに干すのがおすすめです。


    干し方のコツ空気に触れる面が広いほど早く乾く

    空気が触れる部分は、水分が拡散されやすく、乾きやすいとされます。厚手のズボンやパンツは、裏返しにしてポケットの部分に空気があたるようにしましょう。パーカー等のフードも重ならないようにします。

    干す前にしっかりと振る


    干すときには一度衣類をしっかりと上から下に振り切ることが大事です。振ることで、水分が落ちて乾きやすくなりますし、シワも伸びます。形が整うので干しやすくなるでしょう。

    濡れたままアイロンがけをする

    乾いてからもシワとれない素材は、干す前の濡れた状態のままで、いきなりアイロンをかけてみましょう。大量の水分がスチームとなってシワが伸びます。乾くのと一石二鳥です。

    干し方の種類


    干し方詳細ハンガーかけ洋服はそのまま干すよりもハンガーにかけてから干す方が、形よく乾き、収納も便利
    平干しニットなど、ハンガーや竿に掛けると重みで伸びてしまう素材のものは、平干しをすると、形状がくずれずに乾かすことができる。平干し用のアイテムを利用する
    筒干し厚手のジーンズや綿のパンツなどは乾きにくいので、丸型のピンチを使って生地がくっつかないように、止めて干す。裏返しにするとさらに効果的
    三角干し洗濯物の角が下にくるような干し方。水分が角の1点に集まってくるので乾きやすくなる


    部屋干しの便利なアイテムエアコン・扇風機
    部屋に干すときに重宝します。風がよくあたるので、速攻で乾く
    アイロン・ドライヤー
    急な乾燥や、部分的な乾きの場合換気扇
    台所や風呂場に干す場合は、回すだけでも空気が動くので、効果ありパーカー用ハンガー
    布と布が重ならず、フードの部分を広ろげながら干せる 
    部屋干しのコツ洗濯物はため込んで一度にたくさん洗濯しない乾燥機を利用する殺菌効果のある洗剤を使用する

  • 衣食住 G 0 Votes 156 閲覧数


    上手に仕上がるポイント

    揚げ物は時間と共に冷めてしまいますが、冷めた揚げ物や冷蔵庫に保存していた揚げ物を美味しく食べられるように温め直しをして美味しくいただく方法があります。

    必要なポイント

     電子レンジで一気に温めない常温に戻してから温める温め直す前に油分を拭き取る

    電子レンジで温め直し

    冷めた揚げ物を復活させる方法として、電子レンジで温め直しする方法があります。一番手間がかからず、子どもでもできる復活ワザなので、覚えておくと便利です。

    準備するもの電子レンジ
    ターンテーブル・フラットタイプどちらでもかまいません。電子レンジのワット数
    ワット数が大きいほど電子レンジにかける時間は短時間で済みます。電子レンジに入れられる平皿
    平皿は、揚げ物を広げられるように十分な大きさがあるほうがいいでしょう。キッチンペーパー
    キッチンペーパーは、厚手のものなどしっかりと油を吸収できるものをご用意ください。温め方の手順平らなお皿の上に、キッチンペーパーを敷く次に、揚げ物を、重ならないようにキッチンペーパーの上に広げるお皿ごと電子レンジに入れてタイマーをセットし、スタートボタンを押す

    電子レンジは場所によって加熱のムラができます。電子レンジがターンテーブルの場合は、中央に熱が集まります。揚げ物を広げるときに、中央を空けて、ドーナツ状に並べると均等に温め直しができます。温まり方にムラがあるときは、途中で揚げ物の位置を動かすと上手に温め直しができます。

    注意点

    電子レンジで揚げ物を温め直しする際の注意点は、ラップや蓋をしないということです。ラップや蓋は蒸気の逃げ場がなすだけでなく、温め直した揚げ物はベタベタになってしまいます。

    フライパンで温め直し

    冷めた揚げ物を温め直しする時に、フライパンで温め直す方法があります。火のそばに居なければなりませんが特別な物は何も必要ない、手軽な温め直しの方法です。衣の中の油が出てくるので比較的ヘルシーに食べられるでしょう。

    準備するもの

    フライパン。もちろん熱源は必要ですが、家にあるもので使い慣れたものをご利用しましょう。

    温め方の手順揚げ物を、冷たい火にかける前のフライパンに入れるフライパンを中火にかけ、ときどき動かしながら、根気よく温め直しする菜箸やヘラを使用してもいいですし、なければフライパンをゆすって全体がむらなく温まるようにする揚げ物の表面に油がにじんで、少し茶色くなるくらいまで、炒め揚げのように温め直すいい感じに温まってきたら、キッチンペーパーに取り、油を切る
    注意点

    冷めた揚げ物を、フライパンで温め直しするときは、油が高温になるので、火加減がポイントです、焦げないように中火を守るよう注意しましょう。

    オーブントースターで温め直し

    冷めた揚げ物を温め直しする時にオーブントースターで温める方法があります。温め直しをする量が多い場合は、数回に分けることになりますが、冷めた揚げ物を、カリッと美味しく復活させるなら適している方法です。

    準備するもの

    オーブントースター。トレイが付いているオーブントースターの場合はアルミホイルを使うと手軽です。 

    温め方の手順オーブントースターを予熱しておくアルミホイルを軽く丸め、くしゃくしゃにしてから広げたものを使うわざわざピンと伸ばさずにデコボコが残ったラフな感じに広げる冷めた揚げ物を広げたアルミホイルに、重ならないように並べる熱くなったオーブントースターに入れるタイマーを3分~5分くらいの目安にセットし、様子を見ながら温め直す表面に油がにじみ、少し色づいてきたらアルミホイルごと取り出し、キッチンペーパーの上にのせて油を切る注意点

    オーブントースターは熱が近く、火力も強いのでうっかりするとすぐに焦げてしまいます。タイマーは短めにセットし、様子を見ながら加減するといいでしょう。揚げ物をのせるのはアルミホイルです。

    短時間でカリッと温め直しができるオーブントースターは、一度に温め直しができる量が少ないため、揚げ物の大きさや量によっては二回に分ける場合もあります。一度に大量に温め直しがしたい場合はオーブンを使いましょう。オーブントースターよりは時間がかかりますが、焦げることをたびたび気にしなくてもいいのでおすすめです。


    アレンジもおすすめおつゆに入れて温かく
    おつゆに入れて食べる料理なら、サクサクに戻さなくてもいいでしょう。温め直すより、アレンジするということもひとつの手で、寒い時期には特におすすめです。
    うどんや蕎麦に入れる
    天ぷらうどん、天ぷら蕎麦や出汁を含んだ天ぷらもおいしくいただけます。出汁も天ぷらの油でまろやかになるでしょう。自分の好きな天ぷらでお試しください。

  • 衣食住 H 0 Votes 239 閲覧数



    望遠鏡はスポーツ、アウトドアなど様々なシーン、また趣味で活躍するツールの一つです。
    色々な種類があり、それぞれの用途によって適切なものを選べば、より有効に楽しく使うことができます。
    初めて望遠鏡を入手しようとする方にわかりやすく解説します。望遠鏡は大きく分類すると地上望遠鏡と天体望遠鏡に分けられます。

    地上望遠鏡は地上の景色や、そのほかの地上の状況を観察するために使われるもので、正立像で見ることができます。
    コンパクトな双眼鏡から、観光地の展望台にある大きな双眼鏡も地上望遠鏡です

    それに対して天体望遠鏡は、月や惑星、星雲などの天体を観測するために使われるもので、上下逆さまの像が見られるのが特徴です。
    教材用などとして使われる簡単なものから、天文台にあるような巨大口径のものまで、それぞれ仕組みは違いますが、全て天体望遠鏡です。

    地上望遠鏡

    地上望遠鏡には双眼鏡と単眼鏡の二種類があります。

    双眼鏡

    地上望遠鏡の中では最もポピュラーなものです。鏡筒が二つあり両目で見ることができます。
    そのため立体感や距離感のある像を見ることができるのが特徴です。
    サイズや倍率などは非常に多くの種類があるので、何を見るのか、どのような場所や状況で使うのか、どのくらいの距離、範囲のものを観察するかで選ぶ必要があります。

    バードウォッチング


    口径:30㎜〜倍率:7〜10倍

    バードウォッチングではストラップをつけてフィールドで持ち歩く事を考えると、あまり大きなもの、重いものだと疲れてしまいます。
    この点を考えて無理のないように、少し小さめのものを選ぶのが良いでしょう。
    また、倍率は高すぎると視野が狭くなるので、特に初心者には目的のものを視野に入れるのが難しいです。

    スカイウォッチング(天体観測)


    口径:30〜50㎜倍率:7〜10倍

    特に推奨するのは7倍×50㎜です。適度な倍率で明るい像が得られるます。
    天体観測の主役は天体望遠鏡ですが、高倍率の望遠鏡では観測しにくいものもあります。
    月などの明るい天体は双眼鏡での観測に非常に向いています。
    そのほか、天の川、星雲、星団、惑星などの観測もできます。
    木星のガリレオ衛星も見ることができます。

    手ブレを防ぐためには三脚があると良いです。
    そのまま三脚に取り付けられるものもありますが、なくてもアダプターをつければ三脚に固定することができます。

    スポーツ観戦倍率:8〜10倍

    長時間の観戦のためにはコンパクトなものをおすすめします。倍率は観戦するスポーツの種類にもよります。
    広い視野が必要な場合にはあまり高倍率だと意味がありません。
    逆に細部を見たい場合には高倍率が良いです。

    コンサート・観劇倍率:3〜10倍

    倍率が高すぎると視野が狭くなるので、特に観劇では3〜4倍の程倍率で、小さくて軽いものが適当です。

    「オペラグラス」という名称のものは、このくらいの倍率です。

    コンサートなどで全体を見るためよりも、局所的に拡大して見たい場合には倍率が大きめのものを選びます。

    単眼鏡


    一本の鏡筒の望遠鏡です。
    望遠鏡と言ってまず思い浮かべるのはこの形でしょう。
    双眼鏡のような立体感のある像を見ることはできません。
    ポケットに入れて持ち運べるような小さなものから、高倍率大口径のものまでがあります。
    選び方は双眼鏡と同じです。

    <地上望遠鏡選びのポイント>

    倍率:観察する対象によって選ぶ。同じ口径なら倍率が高いほど視野は暗くなる。口径:対物レンズの口径は大きい方が明るい像、綺麗な像が得らるが、重くなる。ひとみ径:接眼レンズを遠くから見ると見える円形の像の大きさ。大きいほど明るいので、入手するときは見比べて見ましょう。天体望遠鏡

    本格的に天体観測をしたければ、望遠鏡はひとつ欲しいものです。望遠鏡があれば、木星の縞模様や土星の輪、さらに遠くの星雲まで、観測できる範囲はさらに広がります。

    天体望遠鏡は屈折式と反射式の二つの種類が代表的なものです。また望遠鏡をのせる架台にも経緯台式と赤道儀式の二種類があり、どんな観測をするかで、また予算で選びます。

    屈折式

    屈折式経緯台

    望遠鏡の代表的なスタイルと言っで良いでしょう。鏡筒の両端に対物レンズ(凸レンズ)と接眼レンズ(アイピース)があるものです。扱い方が簡単で、鏡筒内が密閉されているので視界が揺れにくく安定しているのが特徴です。扱いやすいという点では初心者に向いています。ただし、口径が大きくなると重くなります。

    反射式

    反射式赤道儀

    鏡筒の底面に凹面鏡(主鏡)があり、ここで集めた光を斜鏡で90°曲げて、鏡筒側面にある接眼レンズで見る方式のものです。鏡筒の横から見ることになります。にじみのない綺麗な像が特徴です。鏡筒内部がオープンになっているので気流が生じるために安定した像を得るまでに時間がかかることと、光軸調整などメンテナンスが必要です。大きめの口径でも同じサイズの屈折式と比べると安価なので価格面では初心者にも優しいです。

    カセグレン式

    反射望遠鏡の一種ですが、凹面鏡で集めた光を双局面鏡で焦点距離を引き押す方式です。短い鏡筒で長い焦点距離が得られるので、非常にコンパクトなサイズでも高性能なことと、アイピースが鏡筒側面あるので屈折式のような使いやすさもあります。

    <天体望遠鏡選びのポイント>

    口径(対物レンズ・主鏡):大きいほど多くの光を集めることができるので、同じ倍率に設定した時には大きい方が明るい像、綺麗な像が得られる。
    小口径で倍率をあげても、暗くてボケた像になってしまう。
    口径0㎜では120倍、口径100㎜では200倍が実質的な最高倍率となる。
    惑星や星雲などを詳細に観測したければ屈折なら80㎜、反射なら100㎜以上がオススメ。倍率:対物レンズ(主鏡)の焦点距離÷接眼レンズの焦点距離で決定する。
    同じ接眼レンズでは対物レンズの焦点距離が長いほど高倍率になる。
    例)焦点距離1000㎜の対物レンズに20㎜の接眼レンズを使うと1000÷20=50(倍)となる。
    月面観測なら50〜70倍で十分に細かいところまで観測が可能。
    木製の縞模様、土星の輪の観測には100〜150が欲しい。天体望遠鏡の架台経緯台

    シンプルな構造で、上下左右に自由に動かすことができ、目的の天体に向けることができます。初心者でも操作が簡単です。新しいものでは、天体を自動導入できるコントローラを装備したものもあり、より初心者にも扱いやすくなっています。

    赤道儀

    赤道儀式架台

    地球の自転にあわせて望遠鏡を動かし、時事刻々と移動していく天体を追尾することができます。一度視野に入れた天体は時間が経っても簡単に視野に入れることができます。また長時間露光の天体写真を撮影するためには必須です。正しく追尾するためには極軸を正確に合わせる必要があります。モータードライブで自動追尾できるものもあります。

    望遠鏡選びには、上記のようにいくつかのポイントがありますが、用途がはっきりとして入れば、選択肢も限られてきます。あれもこれも、一つで色々な使い方を考えるよりも、それぞれに適切なものを選ぶ方が、より楽しく使うことができます。

    また初めて購入する方は鏡筒、架台、脚、ファインダー、接眼レンズなどセットになったものを選ぶ方が多いと思います。望遠鏡は重量のあるものであり、高倍率の像を見るのでちょっとした振動でも揺れてしまいます。そのために脚がしっかりしたものを選ぶことも大切です。


  • 衣食住 W 0 Votes 9 閲覧数


    自分の髪に合ったシャンプーを選ぶことは、綺麗な髪質を保つためにも大切なことです。髪質は年齢や季節によっても変化するため、その時々で使い分けることは、自身の髪をより良い状態に保つことにつながります。

    シャンプーの役割


    シャンプーには洗浄作用以外にも、さまざまな役割があります。

    毛穴や毛髪の汚れを取り除く栄養を補給するマッサージ効果により、血流を良くするリラックス効果により、ストレスを解消する

    毎日欠かせないシャンプーですので、その選び方の重要性がわかります。

    シャンプーの種類


    シャンプーには主に3つの種類があります。

    アミノ酸系シャンプー

    アミノ酸系洗浄成分が配合されたシャンプーです。低刺激なシャンプーのため、肌が弱い人でもある程度は肌荒れすることなく使うことができます。また、汚れはしっかりと洗浄してくれますが、必要な潤い成分はキープした状態で仕上がります。

    デメリットは他のシャンプーよりも高単価なことが多く、一般家庭用としては少し高級な点です。なお、サロンで使用されているシャンプーの多くはアミノ酸系シャンプーです。

    【アミノ酸系シャンプーがおすすめの人】

    頭皮や髪の乾燥に悩んでいる方肌が弱い方高級アルコール系シャンプー

    高級アルコール系成分が配合されたシャンプーです。洗浄力が高く、高アルコール系シャンプーで洗うと爽快感が感じられます。

    デメリットはダメージの修復効果がない点です。そのため、髪のダメージを気にしている人には不向きです。

    【高級アルコール系シャンプーがおすすめの人】

    オイリー肌で、頭皮や髪のベタつきに悩んでいる方多汗症の方石けん系シャンプー

    石鹸系の洗浄成分が配合されたシャンプーです。洗浄力は強めですが、頭皮や髪にも優しく、使い続けることで頭皮や髪を健康な状態に保つことができます。

    デメリットは、洗浄力が強いが故に、石けん系シャンプーの使用後は髪がきしついてしまう傾向にある点です。

    【石けん系シャンプーシャンプーがおすすめの人】

    頭皮のベタつきが気になっている方しっかりと汚れを落としたい方シャンプーを選ぶときのポイント


    シャンプーを選ぶ時は、自身がどんな悩みを解決したいかを考えましょう。例えば、「癖毛を改善したい」「パサパサした髪の毛に潤いが欲しい」など、シャンプーを使った後にどんな状態になりたいかを想像すると良いです。

    また、自身の髪質や肌質に合ったシャンプーを探すことが難しい場合は、行きつけの美容院で美容師さんにおすすめのシャンプーを確認するのも一つです。