肉の保存方法
0 46

保存のポイント

  • 冷蔵
    購入してすぐ使用するのであれば、いったん冷蔵で保存する。
  • 冷凍
    すぐ使わないなら購入してすぐ小分けにしてから冷凍する。
  • 痛みやすさ
    種類では、鶏肉、豚肉、牛肉の順になる。
    形状では、ひき肉、薄切り肉、ブロック肉、ステーキ肉、かたまり肉の順になる。

meat-1030729_1280.jpg

肉別保存方法と期間

冷蔵(保存期間)(ポイント)冷凍(保存期間)(ポイント)
鶏ひき肉・合いびき当日ラップに包んで冷蔵庫に入れる。約2~3週間薄く平らにしてフリーザーパックに入れる。
鶏ムネ肉・モモ肉約1~2日表面の水気をペーパーでふいてからラップで包む。
約2~3週間一口大の大きさにカットしたものをラップに包みフリーザーバッグに入れる。
鶏ささみ約1日水気をよくとり、ラップで個別に包んで保存用袋に入れる。約2~3週間1本ずつ個別にラップで包んだものをフリーザーバッグに入れる。
豚ひき肉・合いびき当日ラップに包み直して冷蔵する。約2週間フリーザーバックに薄く平らに入れ、板状にする。
豚薄切り肉約3日水分をふき、重ねずに一枚づつずらしながら薄く平らに重ねてラップで包む。約1ヶ月数枚ずつ重ねるなどしてから小分けにして、ラップで包んでからフリーザーバックに入れる。
豚ブロック肉約3日ペーパーで水気をとりラップに包む。保存用袋に入れる。約2~3週間水気を拭く。小分けにしたものをラップして密封しフリーザーバックに入れる。
豚ステーキ肉約2日1枚ずつ個別にラップで密封し保存用袋に入れる。
約2~3週間1枚ずつ個別にラップに包んでから、アルミホイルで包む。フリーザーバッグに入れ密封する。
豚かたまり肉約2~3日表面の水気をふいてからラップで包み保存用袋に入れる。約2~3週間使う量を切り分けラップに包みフリーザーバックに入れる。
牛ひき肉・合いびき当日ラップに包み直して密封して冷蔵庫に入れる。約2~3週間そのままフリーザーバックに平らに入れる。使いやすい大きさに分けて包むと良い。
牛薄切り肉約3~4日使いやすい分量に分けてラップに包む。保存用袋に入れる。約3週間1人分ずつなるべく薄く平らに重ねてラップで包みフリーザーバックに入れる。
牛ブロック肉約3~4日使う分ごとにラップで包み、保存用袋に入れる。約1ヶ月表面の水気をよく拭き取り、ラップで包んだ上からアルミホイルで全部を包む。
牛ステーキ肉約4日1枚ずつラップで包み保存用袋に入れる。
約1ヶ月水気を拭きとってから1枚ずつラップで包み上からアルミホイルで包む。
牛かたまり肉約4~5日肉の水気をふいてからラップで包み保存バッグに入れる。約4週間使う量に切り分けラップに包みフリーザーバッグに入れる。

 

0 46
みんなのツイート (0)

関連サマリー


  • 衣食住 W 0 Votes 37 閲覧数


    はじめに

    一昔前までは、社会人になったらまずは賃貸で生活し、いずれはローンを組んで持ち家に住むことが理想とされていました。しかし在宅ワークやフリーランスの増加など、働き方が変わってきている現代において、住宅に関する価値観も変わりつつあります。

    本記事では、賃貸か持ち家かで迷っている方に向け、検討する際に確認しておきたい項目をお伝えしていきます。

    働き方から考える


    住まいにおいて一番に確認する条件が「立地」。しかし、働き方によって、どこの立地に住まいを設けるかは変わります。では、持ち家か賃貸、それぞれに適した働き方とは何でしょうか?

    持ち家に適した働き方

    持ち家に適した働き方の特徴は下記の通りです。

    転勤の可能性が少ない在宅ワークが主流安定した収入のある職業

    持ち家の場合は引っ越しが困難であるため、転勤が少ないことはまず第一条件でしょう。そのうえで、在宅ワークが主流な方であれば、比較的価格の安い郊外に家を構えることもできるため、住宅ローンを押さえられるというメリットもあります。

    賃貸に適した働き方

    一方で賃貸に適した働き方の特徴は下記の通りです。

    転勤が多いフリーランス

    転勤が多い職業の場合は、引っ越しのしやすい賃貸がおすすめです。また、フリーランスは働き方が自由ではありますが、収入が安定しないことも多く、住宅ローンを組むのにリスクがある場合もあります。一定の収入が保障されるまでは、賃貸で生活するほうが良いでしょう。

    家族構成から考える


    家族構成によっても、持ち家か賃貸かの判断基準が異なります。

    持ち家に適した家族構成

    持ち家に適した家族構成は下記の通りです。

    家族構成が今後大きく変わる可能性が少ない兄弟が多い

    たとえばすでに結婚していて、子供もいるご家庭の場合、建設時に家の広さや設備を設計しやすいという利点があります。無駄な部屋や設備を設けるリスクが低いため、効率的に住宅設計ができるでしょう。

    また、自身が兄弟が多い人であれば、親から土地の相続ができない場合も多く、自分自身で住まいを設ける必要がでてきますので、持ち家を選ぶことも一つです。

    賃貸に適した家族構成

    賃貸に適した家族構成は下記の通りです。

    家族構成が今後大きく変わる可能性が高い一人っ子で親が持ち家

    今後結婚の予定があったり、両親と同居する予定がある場合は、ひとまず賃貸がおすすめです。家族が増える前提で住宅設計をしてしまうと、余剰な部屋や設備を設けてしまい、結局使わないのにお金だけがかかったという事例も少なくありません。

    また、親が持ち家の場合、親から今後土地を譲り受ける可能性があります。いつか親の持ち家に住める可能性があるのであれば、それまでは賃貸で過ごすのが良いでしょう。


  • 衣食住 W 0 Votes 48 閲覧数



    日々の生活の中で、仕事や学業、友人関係など様々なことにストレスを感じてしまいませんか?多忙な毎日を送る中で、ストレスとうまく付き合うことはとても大切です。

    今ストレスを抱えている方は、もしかすると考え方や行動を少し変えるだけで、ストレスが大幅に軽減されるかもしれません。今回はストレスフリーな生活を送るためにぜひ実践してほしいことをご紹介します。

    考え方を変えよう


    自分は自分!人と比較しない

    人と比べて自分は劣っていると感じることはありませんか?人と比べることは、できない自分に落ち込み、ストレスが溜まってしまう原因にもなります。人は人、自分は自分と割り切り、できない自分ばかりに目を向けるのはやめましょう。

    何事もポジティブシンキング

    物事を悲観的にとらえると、どうしても心が落ち込みます。これから起こる事柄に不安を覚えたり、マイナスな感情を抱くのは避けましょう。どんな事柄にも「楽しみだな」「ワクワクするな」というポジティブな感情を持つように意識するだけでも、あなたの人生が明るくなりますよ。

    完璧主義にはならない

    何事も完璧にしようと思うと疲れてしまいます。もし完璧主義に陥っている方がいれば、ある程度手を抜けるところは抜く、人に頼れる部分は頼ることを意識してみましょう。「これくらい力を抜いてもいいんだ」ということがわかると、どこか心にも余裕ができるものです。

    行動を変えよう


    とにかく楽しいことをする

    ワクワクすることをしているときは、辛いことやしんどいことは忘れるものです。ストレスを感じているときほど、楽しいことをすることを心がけましょう。ショッピングでもよいですし、友達とご飯に行くのでもよいです。自分がリフレッシュできると思うことを積極的に取り入れてみてください。

    規則正しい生活を送る

    規則正しい生活は、心身を健康にしてくれる基礎となります。もし睡眠時間が短いのであれば、早寝早起きを意識してみましょう。食生活に偏りがあるのであれば、栄養バランスのとれた食事を意識してみましょう。生活習慣を少し変えるだけでも、心がパッと晴れやかになることがありますよ。

    最後に

    ストレスは「考え方」や「行動」を少し変えるだけで、うまく付き合っていくことができるものです。

    日々の生活の中でストレスを感じている方は、ぜひ今回の記事を参考に、「変化」を意識してみてください。少しの変化が、ストレスフリーな生活を送るための第一歩となりますよ。


  • 衣食住 W 0 Votes 34 閲覧数


    はじめに

    「夜中に目が覚める」「たくさん寝ても眠気が取れない」など、睡眠トラブルに悩んでいませんか?実は少しの行動で、睡眠の質は簡単に改善できるのです!今回は睡眠の質を上げる習慣をご紹介します。

    体を温める


    体が冷えているとなかなか寝付けないため、睡眠前に体を温めることが大切です。体を温めるには、以下のような方法があります。

    ショウガなど体が温まる食材を夕飯に取り入れる入浴時に38~40度のぬるま湯に20分ほどつかる寝る直前に首元や手足首を温める寝る前にストレッチをするマッサージをする


    寝る前に頭と体をほぐすマッサージを少し取り入れるだけでも睡眠の質は上がります。マッサージは、以下のような方法があります。

    胡坐をかいた状態で両手を組み、息を吸いながら両手を前に伸ばし、息を吐きながら背中を丸める。息を吐ききったら上体を戻す。(5セット)正座をした状態で額を床につけ、息を吐きながらお尻を持ち上げる。息を吸ってお尻を下げる。(5セット)考えることをやめる


    人は何か悩みがあったり、考え事をしているとなかなか眠れないものです。夜はできるだけ考えることをやめて、心身ともにリラックスできるように心がけましょう。とはいえ、考えることをやめるのは簡単ではありませんよね。そんな時は下記を実践してみてください。

    夜は仕事や学校のことは考えない習慣を作る気になることや悩んでいることはとりあえずメモに残し、翌日に持ち越すどうしても考え込みそうなときは、読書など好きなことで気分転換をする夜のルーティンを作る


    寝る前のルーティンを作っておくと、「これをすると眠りにつく」というリズムが自然とついてきます。寝る前のルーティンは以下のようなものが例としてあります。

    読書をする日記を書くテレビを見るスマホの設定にも気を付ける


    眠れそうな時にスマホの通知で目が覚めたり、スマホのブルーライトで目が疲れて熟睡できなかったりと、スマホによる睡眠トラブルも多いと言われています。スマホによる睡眠トラブルを減らすため、以下のような対策もとっておきましょう。

    スマホのブルーライト軽減フィルターを使うスマホのおやすみモードを活用するおわりに

    少しの心がけで睡眠の質は驚くほど変わるものです。質の良い睡眠は健康的な体作りにもつながりますし、物事の生産性もアップするなど良いこと尽くしです。睡眠トラブルを抱えている方は、今日からぜひ実践してみてくださいね。


  • 衣食住 W 0 Votes 37 閲覧数


    冬の朝はとても寒く、なかなかベッドから出られないという方は多いのではないでしょうか?せっかく早起きをしても、布団から出られずに二度寝してしまうこともありますよね。そこで今回は、寒い朝でもスムーズに目覚める方法を紹介していきます!

    事前対策編


    普段から規則正しい生活を心がける

    朝すっきりと目が覚めるためには、体内時計を整えておく必要があります。規則正しい食生活を心がけ、決まった時間に就寝し起床するようにしましょう。体内リズムが整ってくると、自然と朝もすっきりと目覚めるものです。

    眠る前に体を温める

    体が冷えていると、眠りが浅くなり、結果的に朝の目覚めが悪くなります。そのため就寝前にストレッチを取り入れたり、半身浴をしたりとできるだけ体を温めることを心がけてみましょう。

    起床時の対策編


    起床前にエアコンをセット

    起床の30分~1時間ほど前にエアコンが付くように予約しておくのがおすすめです。起床する頃には部屋の温度も暖かくなり、布団から出るのがスムーズになります。

    起きたらまずカーテンを開ける

    日の光を浴びることで、体は「朝だ!」と自然と反応するようになります。寝る前にはカーテンを閉め、朝目が覚めた時にカーテンを開ける習慣をつけると、体がすっきりと目覚めてくれるでしょう。

    布団の中で運動する

    体を温めるために、布団の中で軽く運動するのも一つです。簡単に体を伸ばしてストレッチをしたり、両手を合わせて押し合う等尺性運動などもおすすめです。軽い運動を取り入れることで、基礎代謝もアップします。

    白湯を飲む

    冷えは体の内側からくるものです。朝起きてすぐに白湯を飲むことで、体が内側からぽかぽかとし、体温を上げる手助けをしてくれます。

    スムーズな目覚めを助けるアイテム編


    スマートリモコン

    室内の温湿度を計測し、設定している温湿度よりも高くなったら(低くなったら)エアコンのスイッチを自動的にオンにしてくれるアイテムです。室温を常に快適な状態に保ってくれるため、「朝寒くて起きれない」という方におすすめです。

    スマートカーテン

    設定した時間になれば自動的にカーテンを開けてくれるアイテムです。起床時間に合わせてカーテンが開くように設定しておくと、朝日とともに快適な目覚めができます。

    おこしてME(Alarmy)

    アラームが鳴ってもすぐに止めて二度寝してしまう方におすすめのアプリです。一度アラームが鳴ると、事前に設定したQRコードや物の写真を撮るまでアラームが止まらない仕組みになっています。嫌でも布団からでなければアラームが止まらないため、布団でだらだらと過ごしたり二度寝の心配はなくなります。


  • 衣食住 W 0 Votes 39 閲覧数


    「頑張って貯金しようと思っていても、いつの間にかお金が無くなってしまっていた」という経験は誰しもがあるのではないでしょうか。老後必要資金が2000万円とも言われているこのご時世、計画的な貯蓄はどこの家庭でも必要になっているため、家計の収支を見直したいと考えている人も多いでしょう。

    そこで今回は、不要な出費をなくすために見直したいことについて紹介していきます。

    光熱費


    電力プランを見直す

    電力の自由化により、個人個人が自由に電力会社を選ぶことができるようになりました。「ソフトバンクでんき」「楽天でんき」など最近ではあらゆる企業が電力プランを提供しています。家庭によって毎月の電力使用量や使用する時間帯なども異なるため、自身の家庭にあった電力プランを検討することは、不要な支出を減らすことにつながります。

    さらに、ガスやネットとセットで契約すると割引がある場合もあるため、できるだけ家庭で使用する光熱費等の会社は統一することがおすすめです。

    水道代の節約にはシャワーヘッドの交換がおすすめ

    実はシャワーにはかなりの水道代がかかっていることをご存じでしょうか。そのため、シャワーヘッドを交換して節水することができると、年間約3万円以上の節約ができると言われています。シャワーヘッドはネット通販でも購入可能でどこの家庭でも簡単に交換できますので、ぜひ検討してみてください。

    固定費


    物件の見直し

    コロナウイルスが蔓延して以降、テレワークが普及し、これまでのようにオフィスに行く機会が少なくなった方も多いでしょう。そうなるとオフィスに近い立地の良い場所でなくとも、住まいを探すことはできます。都心よりも田舎のほうが家賃は圧倒的に安いため、物件を変更することも不要な支出を減らす方法の一つです。

    サブスクの見直し

    サブスクの中には、初月だけ無料で使用可能なサービスが多くあります。しかし、登録したことを忘れてしまい、翌月から利用料が請求されていたということも少なくないのではないでしょうか。不要なサブスクに登録していないか、また使用頻度の低いものは解約するなど、一度見直してみましょう。

    交通費


    移動の際はICカードを使う

    ICカードを使用することで、電車に乗るだけでポイントがたまったり、割引が適用されるような場合があります。これまで切符を購入していた人は、ICカードの利用に切り替えることで電車代の節約ができる可能性があります。